見出し画像

センバツ甲子園

高校野球、春のセンバツ甲子園が始まり、もうすぐプロ野球も開幕を迎えますね!
いよいよ野球シーズン到来!!
今年も楽しみです!!

いま春の甲子園真っ只中、毎年毎年見ていますが球児たちの熱いプレーや応援などを見て感動をもらっています!

僕は高校時に甲子園のグランドに立つ事が出来なかったのですがプロ野球で甲子園のグランドに立てた時はやはり感動しました!!
それぐらい甲子園は野球人にとって憧れ且つ特別な場所だと思います!

そんな特別な場所、甲子園で高校球児たちが熱いプレーをしています!

僕は試合を見ていてとても勉強になる部分もありますし色々と思う所もあります。

この大舞台で結果を残せた選手、残せなかった選手、思い通りのプレーが出来た選手、出来なかった選手、嬉しい思いをした選手、悔しい思いをした選手とたくさんいると思います。

僕個人の考えですが、良い悪いは抜きにして野球をまず楽しめる、楽しめた選手になってもらいたいなと思いました!!
まずこの夢の舞台でプレーを出来る事は凄い事ですし誰もが経験出来るわけではありません。
なので存分に楽しんでもらいたいな思いました。それが結果的に良い方向に結び付くと思います。

僕は野球をやっていた頃、ふと自分は何のために野球をやっているのだろうと思った事があります。
甲子園に行くため、プロ野球選手になるため、チームのため、結果を出すため、仕事(プロ野球)で生きていくため、プロ野球で夢や感動を与えられる選手になるためと色んな思いでプレーをしてきました。
正直、僕はこの何々のためという気持ちや思いや考えが強く楽しみながらプレーをする事は中々出来ませんでした。

そこで分かった事が、
何々のためにと考えながらプレーをした時。
根本的に野球を出来る喜び、結果等を気にしないで野球を楽しんでプレーをした時。
この時の身体の動き方や結果は全然違いました。
やはり、結果等を気にしないで1球1振りを楽しんで投げる、打つを出来た時が1番結果や目標にしてた事に結び付く事が多くありました。

不思議なもので勝ちたい、抑えたい、打ちたい、勝つ、抑える、打つと思う気持ちは凄く大事な事なのですが、その思う気持ち(考える)が試合で強ければ強いほど身体に力みやブレが生じて結果的に思ったプレーが出来ない事の方が多いのです。
まとまりませんが、野球を楽しんでもらいたいと思いました!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたご支援は、僕のスクールで指導に使うための軟式球の用意に当てさせていただきます。今年から軟式球が変更されたので用意し直す必要がでました(汗)

よろしければシェアもお願いします^^
18

増渕竜義

2006年高校生ドラフト1位2007年〜2014年 東京ヤクルトスワローズ2014年〜2015年 北海道日本ハムファイターズ現在、埼玉県上尾市で野球スクール塾長 https://www.king-effect.com/ https://www.go-every.com/

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。