ブログのお蔵入り原稿って捨てられないよねって話

 今日は、noteの文章を書く時間が多く取れたので、この前、編集者の話を聞いていて、どんなに優秀でどんなに文章がうまくても、本を出版できない人の要素を言っていて、これはビジネス全般で成功するために役に立つ話なので、それを書こうと思いました。

 それで、結構な時間をかけてちょっと前に書き終えたのだけど、読み返してみると何かしっくりこなくて、結局お蔵入りにしてしまいました。

 時間をかけた結果お蔵入りって泣きそうになります。

 そういうことってありますよね。

 お蔵入りnote。

 このお蔵入りの原稿って、なかなか捨てられないですよね。

 僕は、「Ulysses」というライティングアプリを使っているのだけど、そのアプリの中の未完成フォルダに、とりあえず移動させたのだけど、ちょっと気になって、お蔵入原稿ってどのくらいあるのだろうとフォルダを開いてみると、かなりの量があって驚きました。

 読み返してみても、モヤッとしたものが多く、成仏できない原稿の墓場って感じがしました。

 なかには、キラッとしたアイデアのものもあるので、新たに再チャレンジフォルダを作って、そこに移動させて、残りは成仏させました。

 ちょっとスッキリです。

 スッキリすると書きたかったことが明確になってきました。

 これまで経験してきた、本の作り方や、思想の作り方を少しづつ書いていこうと思いました。

 今日はもう、疲れたのでまたこの次にします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう。愛してます。
17

舛田光洋マスダミツヒロ

そうじ力を12年間書いてきました。お陰様で国内外51冊370万部となりました。たまに出版社に新人を紹介したり、南の島や音楽の都に出現したりしています。

キミもnoteを使おう!

『note(ノート)』は文章・つぶやき・画像・動画・音声を無料または有料で投稿したり、投稿者に支援金(おひねり)を贈ったりできる、マネタイズ機能を装備したクリエイター応援型メディア。創作発表の主舞台や業務依頼のプラットフォームなど、その活用法は無限大。仕事仲間はもちろん、お...

コメント3件

ふおお。きっと、すぐにアップしないと成仏できない霊になってしまうのでしょうか。(*´Д`)!? 私はブログを書いてもう14年になるのですが、それほど昔のものを読むと、さすがに恥ずかしいのですが、「よく書いたな」とも思います。文章もめちゃくちゃでひどいけど、たまに「ここは光ってる」という部分を見つけて「ほほう」と思ったりします。\(^o^)/ 

最近、そうじ力に助けられることがありましたので、記事でご紹介させて頂きますね☆

ドグドグ。
スイッチさん、そうじ力の記事ありがとうございました。読んだら無性に掃除したくなりましたぁw ブログ歴14年なんですね。スイッチさんの文章は、とても自然で読んだあと明るく元気になります。尊敬してます。
ふお〜!
読んで頂きありがとうございますドグ〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。