5分でざっくりわかる、2月の国内スタートアップトレンド【資金調達や新サービスなど】

もう早いもので3月も折り返しにさしかかろうとしていますが、今更ながら2月の国内スタートアップのニュースをまとめて紹介します。

1月同様、資金調達や新サービス、その他(提携や買収など)についてピックアップしました。

資金調達

金額が大きいものでは、JapanTaxiが約85.5億円(トヨタから約75億円未来創生ファンドから10.5億円を調達)を調達。ソフトバンクとDiDiの協業、ソニーがタクシー会社6車と組んで配車アプリの開発に取り組む方針を発表するなど、2月はタクシー業界のトピックが目立った印象です。

そのほかではロボアドザイザーのウェルスナビも融資も合わせて45億円を集めています。先月もテーマ型投資のFOLIOが70億円の大型調達を実施。「THEO」提供元のお金のデザインも累計で数十億円を調達していて、この領域はFintech界隈の中でもかなり盛り上がってきました。

新サービス

新しいジャンルにサブスクリプションモデルを持ち込んだサービスが増えてきた印象です(今月だと美容室×サブスクの「MEZON」、車×サブスクの「SmartDrive Cars」など)。

個人的に栄養食グミの「COMP GUMMY」にはまっているのですが、ベースフードの新商品「BASE PASTA quick」も一度は試してみたいところ。

またグノシーの「グノシーQ」は海外で流行っている「HQ Trivia」に似た仕組みということで、日本国内でどれだけ受け入れられるのか興味深いですね。

その他(サービスの進捗、提携、買収など)

ライブコマースは昨年に続き今年も知名度をあげていきそうです(昨日にはKDDIとエブリーが資本業務提携を締結、7月を目処にライブコマース事業を提供発表もあり)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

masumi osaki

月刊スタートアップトピックス

資金調達をメインに国内のスタートアップニュースで気になったものを月単位で紹介します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。