ブロックを使って数を体験!100で表す世界の数量(2019/04開催)レポート!

ブロックを使って数を体験!100で表す世界の数量(2019/4開催)レポート!


2019年4月14日(日)に、2019年度定期(毎月開催)の算数ワークショップ、記念すべき1回目の講座を開催しました!

第二日曜日は本郷三丁目クラスと自由が丘クラスの2教室での開催。
当日の様子をご紹介します!

①数あてゲーム


まずは数についての確認から。画面にでてくる写真を見ながら、その写真に何人でてくるかを当てていくゲーム。5人以上になると一瞬で人数をとらえにくくなってくるその不思議な感覚を体験します。

②ブロックを並べてみよう


ここでブロックの登場!1個、5個、10個とブロックをならべてみて、その数を体感。10個については好きなように並べてもらい、さまざまな並べ方があることに気づいてもらいます。

こんな並べ方をする子供も。

③100個のブロックをつかって「わけてみよう」


そしてついに100個のブロックが登場。
その「100」という数量を捉えつつ、
100個のブロックをつかって色々なものを表していきます。

・日本の広さを100とすると、一番大きな都道府県は何個分?
・朝食がパン派とごはん派の日本人の人数を100とすると、ごはん派は何個分?

などの問いかけに、子どもたちは予想をしながら数を分けていきます。

最後に、100であらわすことで色々な数量が想像しやすくなることをメッセ―ジとしてお伝えし、算数ワークショップは終了!

様子を動画にまとめました!

今月は4月28日に同じテーマで恵比寿クラス柏の葉クラスで開催です!
ぜひ、ご参加お待ちしています!

算数ワークショップは毎月開催!ぜひ、ご参加ください!


ぜひ、ご参加お待ちしています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

math channel

math channel ワークショップレポート

math channelのワークショップの開催レポートをまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。