からだで測って長さを体験!調べて気づく尺やメートルの秘密(2019/06開催)レポート!

2019年6月9日(日)に、2019年度定期(毎月開催)の算数ワークショップ、3回目の講座を開催しました!第二日曜日は本郷三丁目クラスと自由が丘クラスの2教室での開催。当日の様子をご紹介します!

①1mってどれくらい?

「1mってどれくらいだと思う?紙テープをちぎってみよう!」と始まった今回のワークショップ。
「私の身長くらいかなぁ・・・?」「床の目が何個分かでわかるかも!」と試行錯誤しながらまずは自分の思う1mを作ってみました。メジャーで確認すると、ぴったりくらいの長さのお友達も!!

②尺とメートルを測ってみよう!

身体を使った単位である「尺」や共通単位の「メートル」を学んで、実際に身近なものを測ってみるワークも実践!自分の手で測った尺でお買い物をすると、欲しい長さのものが買えない?!自分の尺と先生の尺の違いに、不便さを感じた子どもたち。共通の単位「メートル」ってすごい!
昔の人の知恵に触れながら、今の便利な基準をしっかり学ぶことができました。

最後にまとめとして、①メートルは体を使って測ることから生まれた、②単位があるととっても便利、ということを学んで今回のワークショップは終了しました!

今月は6月23日(日)に同じテーマの講座を恵比寿クラスと柏の葉クラスで開催します!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

math channel

math channel ワークショップレポート

math channelのワークショップの開催レポートをまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。