【論文実装編】線形回帰モデルのFx自動売買ー取引モデルのパート

1. はじめに

このnoteは、こちらの記事(【検証】線形回帰モデルの自動売買でもFxで儲けられるのか?【論文実装編】)からの続きになっています。

実際に実装する論文はこちら

あと、こちらのnoteを読む前に、こちらの記事を先に読んでいただけると助かります。

こちらの記事:【論文実装編】線形回帰モデルのFx自動売買ー学習パート

また、このパートでは、こちらのnoteで学習したパラメータを用いて実際に取引を行うモデルです。検証した期間的に学習したパラメータのパフォーマンスの保証をできるのは、1200分およそ20時間程度です。

都度パラメータの再学習が必要になりますので、予めご了承ください。(その点に関しては各自で改良お願いします。)

主な内容は学習パートにて説明があるので、そちらをご確認ください。

【自己紹介】

 僕は今現在国立大学の大学院に在学中で、機械学習などの技術を金融工学分野への応用の研究をしています。
そこでの研究内容の一つとしてアルゴリズムトレードの研究をしています。その先駆けとして、今現在開発しているBOTがあり、デモ口座でテストプレイしています。
 しかし、自分はデモ口座で実装しており、本番口座の開設が今しがたすぐにできず、このBOTの有用性があるのか否かを今すぐに確認したいため、OANDAの本番口座(デモ口座でも構いません)でテストプレイをしていただける方を探しています。

【対象者】

・OANDAの本番口座を持っている。
・OANDAの提供するAPIの発行ができる。
・Python環境が整っており、oandapyV20をインストール済み。
(あると非常に望ましい)
・Pythonファイルを長期間実行できる(レンタルなどの外部)サーバーを持っている。

これらの環境が揃っている人であると実際にこれから下に記すBOTを使用することができます。
そのため、上記の環境が揃っていない人は、以下の記事を参考にして環境を整えていただけると助かります。

【Python環境の構築方法】

・自前PCに構築する場合
=>https://mathokapro.com/2018/10/14/python-bigginer/
・レンタルサーバなどの外部サーバーにPythonを構築する場合(Xサーバーのみ)
=>https://mathokapro.com/2018/10/24/post-258/

【OANDA口座の開設方法とOANDA APIのPythonで使う方法】

https://mathokapro.com/2018/10/25/post-265/


2. 注意点

本コードを公開しますが、勉強用とはいえ、直接的に利益のでる可能性のあるものまたは損失のでる可能性のあるものを無料で公開するのは、こちらとしましても、何かあった場合に責任は取れないことだけご了承ください。

そのため、ここで公開するコードは、皆さんの勉強用のためという形でご利用ください。そのような目的を持って、このnoteを購入したものとして同意したとします。

つまり、このnoteで公開するのは、絶対に利益が出ます!ということを保証するものではなく、これを参考に読者ご自身で改良してください。なので、このnoteで公開するコードを丸々使って、何か損失をおってもこちらは一切関係はなく責任も負わないことだけご了承ください。

そのため購入者様は、上記の注意点に同意したものとして扱いますので、よろしくお願いします。

また、価格についてですが、一般的なFxの自動取引システムの相場が2万円〜5万円なのですが、本コードは自分の勉強用でありますので利益が必ずでることを保証はしていませんので、価格は相場の10%ほどにしています。また、

※絶対に読んでください。

本コードは学習パートで学習したパラメータを必要とするので、学習パートの実装が自力でできる方対象であることにご注意ください。

ですので、公開するコードは全て学習パートで定義した特徴ベクトルをベースに各種パラメータが作成されていますので、ご注意ください。

また、このnoteは、学習パートありきの物なので学習パートの方よりも価格は抑えた1,000円での販売です。よろしくお願いします。

それでは、以下が取引モデルのパートになります。


このコードもコピペするだけで使用可能です。(※要:この記事参照)

ちょっとまった!!

うーん、1,000円はちょっと高いなぁ・・・。と思った方、朗報です。

確かに、こんなゴミみたいなクソコードを購入したところで、1,000円を埋め合わせれるだけの期待値はあるのか?と思うことかと思います。
ですので、今回特別価格、1,000円を25%引きの

750円

で販売いたします!ぜひサポートのほどよろしくお願いいたします!!!

この続きをみるには

この続き:12,677文字

【論文実装編】線形回帰モデルのFx自動売買ー取引モデルのパート

マスオカ

750円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マスオカ

Fxの自動売買をPythonで作っています。 OANDAしか使えませんが、他のFx会社がAPIを公開してくれたならもっと有益になるのになぁと無い物ねだりする日々です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。