見出し画像

40代婚活ギャップを乗り越える

「昔は結婚に興味なかったのに・・・今は心から誰かと一緒に生活したいと思う」

結婚相談の仕事をしていると、こういう言葉をよく聞きます。
『仕事を楽しんで、恋もして、不自由なく暮らしてきた。
 でも40代が近づき、災害も多い時代になって、
 やっぱり誰かといたいと感じるようになった。』
そんな方は皆一様に、「もっと早く結婚したいと思えていたらよかったのだけどね。」と言います。

かくゆう私も、40代バツイチシングルマザー。
37歳で婚活してみた私も、アラフォー婚活のリアルを知って驚いた一人なので、自分のこととしてもここに書いています。

人生の誤算を解決するのは、「心の準備」かもしれない

結婚してもしなくても、生きて行ける時代。
自分のライフスタイルを、自分で選べる時代。
自分で選んだライフスタイルを生きてきたつもりだけど、
まさか自分の「気持ち」が変化するなんて・・・。
そんな誤算に、苦しむアラフォーは多いです。

なぜなら、40代の婚活には「覚悟」が必要だから。
でも覚悟をしてから婚活を始める人なんて一握りだから、
大抵の人は理想と現実ギャップに苦しみます。

結婚したいと思ったアラフォー達は、まずは行動あるのみ!と、マッチングアプリや結婚相談所で婚活を始めてみる方が多のですが。
その後、思いの外良い方向に進まず、男女間でニーズに差がある現実を肌で感じて落ち込む方も多いです。

必要なのは、現状を知り、自分の場所を知り、何に重きを置くべきかを知り、あなた自身に準備をさせておくこと。
何か嫌なことがあった時にも、「ウンウン、想定内。」と思える余裕を身につけておくこと。
余裕でいられる「知識という準備」をしておくこと。

焦りと不安に押しつぶされそうな人ほど、婚活はうまくいかないから。

結婚だけじゃない。ライフスタイルの変化に対応する余裕は「知っておくこと」で生まれる。

何も結婚だけではありません。
離婚だってそう。
私も離婚しているシングルマザーだけれど、当然離婚前提で結婚などしません。
結婚式では永遠の愛を誓ったし、「離婚」のりの字も頭の中にありませんでした。

でも、離婚した直後に思ったのです。
「結婚している間に、いや、する前に、離婚するってどういうことか知っておけばよかった!」と。

離婚は結婚より体力が必要だよ!という事くらいは知っていました。
でも、話をしたくないほど別れたい男女が、離婚という共同作業に向かってこれほど向き合わなければいけないなんて、思ってなかったのです。
離婚が決まっても冷静にやりとりできるようなパートナーシップが夫との間に築けていなかったから。
向き合えなかった私は、とにかく早く離婚を!と、楽な方法を選んでしまい、その後経済的に苦労しました。

「離婚をするって、こんなに心が不安定になるよ」とか、「これだけたくさんのことを話し合うんだよ」とか、一度でも聞いたことがあったら、少しは冷静に慰謝料について考えていたかもしれません。
(若かったので、「籍さえ抜けるなら慰謝料はいらない!!」と啖呵を切ってしまったのでした。。。流石にここまで後先考えない人はいないでしょうね。笑)

結婚、離婚以外にも、妊娠、出産を含めて、ライフスタイルに関しては多くの情報を知っておいたほうが、心の余裕につながるのかもしれません。

40代は婚活を始める前に「準備」を

話を戻して。
40代の婚活には、「知る」という準備が必要です。
必要です、と言い切るのは、実際にギャップに苦しむ人たちをたくさんみてきたからです。

お手軽なアプリなどで始める前に、色々な立場、属性の人に話を聞いておくことをお勧めします。
既婚の友人、年上の独身、離婚した人、40代で子供を授かった人、40代婚活で結婚した人、信頼できる結婚相談員、信頼できる婚活アドバイザー、などなど。
話を聞いて、その上で何を取捨選択するのかはまた別の機会に書くとして、とにかく「頭の片隅に色々な情報を入れておく」ことをしてから婚活をスタートしてみることをお勧めします。

心に余裕を持って、笑顔の婚活を。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

マツウラチエ

「パートナーと共に人生を歩みたい」そんな人をサポートしています。結婚、出産、離婚を経て、幸せになりたい人を応援したくて起業しました。日本がもっと愛と希望に満ちた場所になりますように!HP: https://musubu-goen.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。