見出し画像

「非日常」を断捨離しよう

僕がまだ子供だった頃、外食ってすごく特別なことでした。月に一回も行かなかったような記憶です。たまに外食というと「今夜は外食だから間食するな」と言われましたし、わざわざよそ行きの服に着替えたものです。そして、ワクワクしながら父の運転する車に乗り込んで、大騒ぎしながらレストランに行ったものでした。普段はジュースなんか間違っても飲ませてくれないのに、その日だけはジュースOKだったりします。本当に特別感があり、気分が高揚したものです。

では普段はどんなだったかというと、同じことの繰り返しました。朝はご飯にお味噌汁に納豆みたいな食事で、お昼は学校給食、おやつは魚の煮干しとかだったりしました。夕飯もまたご飯、お味噌汁におかず1品にお新香みたいな感じで、毎日が平凡な日常の繰り返しといった感じだったのです。誰かの誕生日の日だけ大きな鶏の腿を母が焼き、その日だけジュースとケーキがあって、これまた特別感があって嬉しかったものです。

「ハレとケ」という概念

柳田國男という日本を代表する民俗学者によると、日本人の伝統的な世界観には、儀式や祭などの非日常を「ハレ」とし、日常を「ケ」とする「ハレとケ」というものあるそうです。ハレというのは「晴れ着」「晴れ姿」「晴れ舞台」「晴れの日」などのハレで、要するに特別な日です。一方、「ケ」というのは漢字で「褻」と書き、「汚れる」「日常」などといった意味です。

しかし、この「ハレとケ」の区別って、ここ30年ぐらいの間に、失われていってしまいました。これは、大人でも子供でも同じことです。始まりはバブルの頃だったと思うのですが、まずはそこいらじゅうにファミレスができたことで、レストランにいくことの特別感が、すっかり消え去ってしまいました。

また、その頃からお正月でもどのお店も営業するようになって、お正月の特別感がなくなってしまいました。あるいはハッピーマンディと称して国民の休日を週末に繋げたことで、連休が当たり前になり、特別感がすっかり失われました。そんな感じで少しずつ、日常と非日常の区別が生活から消えて行ったのです。今の生活なんて、昭和40年ごろの基準で考えたら、毎日がハレのようなものですが、もうすっかりこれに慣れてしまって、なんと特別感も感じません。

また、ソーシャルメディアにはみんな「ハレ」の写真しか載せないので、世の中がハレで飽和してしまっています。いったい何がハレで何がケなのか、よくわからないと言っても大げさではないでしょう。多くの人が少しでもインスタ映えしようと、日常生活さえハレの日のように工夫して写真を撮り、懸命に加工してアップしています。

実はこの「ハレとケ」のメリハリをハッキリとつけることは、考えているよりもずっと大切なことなのです。幸福感を高める上でも、健康的な生活を送る目でも非常に重要なコンセプトですので、今日はこの「ハレとケ」を区別した生活の効用を詳しく説明したいと思いますi。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月20本くらい読めるので1本50円です。

この続きをみるには

この続き:3,019文字
記事を購入する

「非日常」を断捨離しよう

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
68

松井博

Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」など。twitter: https://twitter.com/Matsuhiro

まつひろのメルマガ

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで感じたこと、思ったこと、考えたことなどを徒然なるままに綴ってゆくメルマガです。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。