見出し画像

人はもっと弱みを見せていい

海外に住み始めた時にショックだったことっていくつもあるのですが、一番ショックだったのは英語がほとんど全く通じなかったことです。

当時僕は16歳だったのですが、コミュニケーション能力が一気に16歳から2歳児レベルに下がったような感じでした。先生やホストファミリーのごく簡単な説明や指示もわかりませんでしたし、ファーストフードの店員に何を聞かれているのかさえ理解できなかったものです。通い始めた高校の同世代の子たちが言っていることに至っては、本当に「ルルルル!」としか聞こえなかったのです。自力で言えることといえば「お腹すいた」くらいのもので、一体どうなってしまうのかと途方にくれたことを、今でもよく思い出します。

やがて少しずつ英語が上手くなり、徐々にこの状態を脱していったわけですが、全く恥のかき通しでした。でもやがて少しずつ仲のいい友達らができていって、徐々に苦しさが薄れていったのです。またホストファミリーとも打ち解けてきて、徐々にいろいろなことを話せるようになっていきました。

こうして振り返ってみると、ホストファミリーはもちろん、親切してくださった教職員の方々、あるいは親しくしてくれた友人たちには本当に感謝の言葉しかありません。

まったくの赤の他人からこんなにもたくさんの無償の愛情を一身に受けたのはこれが最初の体験でしたが、こうして他人に受け入れてもらう体験って、人間にとって非常に大切なことなんじゃないかと思う今日この頃です。

その後僕なりに何度か大変なことがありましたが、その都度なんとか生き抜いてこれたのは、この時の「たとえ外国でも、一人ぼっちではない」という実体験があったことお陰だと思うのです。

人に頼るのはデフォにすべきです

実際問題、一人でできることなんて本当にたたが知れています。どんなに能力が高くても、30人分も40人分もの仕事をすることはできません。相当優れている人でも、人の2.5倍くらいがせいぜいでしょう。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月20本くらい読めるので1本50円です。

この続きをみるには

この続き:3,237文字
記事を購入する

人はもっと弱みを見せていい

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

よろしければシェアお願いします🙏🏻
75

松井博

Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」など。twitter: https://twitter.com/Matsuhiro

まつひろのメルマガ

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで感じたこと、思ったこと、考えたことなどを徒然なるままに綴ってゆくメルマガです。
8つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。