Apple クレジットカードの意味すること

さて昨日の開かれたアップルのイベントですが、個人的に一番衝撃的だったのは Apple クレジットカードでした。これ、おそらく金融業界にとって大激震になるのではないかな、と感じています。今日はなぜ僕がそれほどまでの衝撃をこのApple クレジットカードから受けたのか、説明したいと思います。

まず最初に、アメリカにおけるキャシュレス決済の歴史を非常に大雑把にお話ししたいと思います。僕は金融業に勤めているわけでもなければ、その道の専門家でもないので、完全に消費者視点ですが、なんとなくイメージがつかめるのではないかと思います。

始まりはPaypalだった

アメリカでは、以前から小切手やクレジットカードが広く普及していました。ですので、「現金というのは支払い方法の一手段に過ぎない」という感覚は早くからあったのではないかと思います。小口の買い物は現金で、高額の支払いは小切手かクレジットカードというやり方が、80年代前半にはすっかり定着していました。なので、現金以外の支払い方式への抵抗感は、そもそも非常に低かったように思います。

ただそうは言っても、まだ90年代の黎明期のインターネットで、どこの誰ともわからないコマースサイトにクレジットカー番号を入力するのは、なかなか勇気がいる行為だったのです。しかし、そんな抵抗感を払拭するソリューションを提供してくれたのがPaypal でした。

Paypalの偉かったところは取引先にクレジットカードや銀行口座の番号を知られることなく金銭のやり取りをできるようにしたことです。ローンチ当初はeBayの決済だけに使われていましたが、現在では数多くのEコマースサイトに採用されており、ネット決済の代名詞的な存在です。途中から個人間の現金のやり取りができるようになったこともあり、送金手段とてのしても使われています。僕が経営している語学学校 BrightureでもPaypalによる支払いを受け付けています。この辺りの流れが2000~2009年頃のことでしょうか。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月20本くらい読めるので1本50円です。

この続きをみるには

この続き:2,589文字/画像5枚
記事を購入する

Apple クレジットカードの意味すること

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
38

松井博

まつひろのメルマガ

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで感じたこと、思ったこと、考えたことなどを徒然なるままに綴ってゆくメルマガです。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

早く日本に上陸してほしいものです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。