見出し画像

知識があることと、知恵があることの本質的な違いは何だろうか?

世の中にはとても賢い人と、あまりそうでもない人がいます。そしてその賢さは、学歴とはあまり一致していないことに僕らは薄々と気がついています。作業服を着たその辺の工務店に務める高卒のおっちゃんの方が機転が利いて実に頭の回転が早く、一方で一流企業に勤めている頭がいいはずのエリートサラリーマンがまるで融通が利かないなんてことは、僕らが日常的に体験することです。

しかしそうは言っても少しでもいい学校を卒業した方が人生イージーモードで送れそうな印象なので、親も先生も進学を熱心に勧めます。このため僕らもなんとなく受験勉強に精を出し、どこかの大学へと進学を果たし、気がつくと冴えないサマリーマンになっていたりしてどうにも腑に落ちないものです。

あんなにたくさん勉強しても、なぜか本質的には賢くなれないらしい...というのも、考えてみればなんだか切ない話です。

そんなわけで今日は、どうすると本質的に賢くなれるのか、そのことについて考えてみたいと思います。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月25本くらい読めるので1本40円です。

この続きをみるには

この続き:2,596文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで...

または、記事単体で購入する

知識があることと、知恵があることの本質的な違いは何だろうか?

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
27

松井博

Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」など。twitter: https://twitter.com/Matsuhiro

まつひろのメルマガ

シリコンバレー、フィリピン、東京の3ヶ所に拠点を置くBrighture English Adacemy 代表、松井博が、日々あちこちで感じたこと、思ったこと、考えたことなどを徒然なるままに綴ってゆくメルマガです。