見出し画像

なぜ日本はこんなにも規則が多い社会なのだろうか?

日本は、学校も会社も非常に規則が多い国です。しかも、放っておくとどんどん増えていきます。例えば学校の校則ですが、下着、靴下、靴は白のみであるとか、はたまたポニーテール禁止、ヘアピン禁止、マフラー禁止などなど、謎の校則が多すぎです。なぜ下着の色まで指定しなければならないのかまったく意味がわかりません。また「中学生らしい清潔感の髪型」なんてどうにでも解釈可能な不思議な校則さえあったりします。

ポニーテール禁止については昨年ツイッターでも話題になりましたが、禁止の理由が「男子が欲情するから」なのだそうです。それならそもそもスカートも禁止したらどうかと思いますし、それほど男子が欲情するのが心配ならば、男女共学そのものをやめた方ではいいのではないでしょうか?

無論、校則も最初のうちは意味があって作られたと思うのですね。大勢の子供が集まれば中には悪さや危険なことをする子もいるわけで、事故やミスを防ぐためにできていったのでしょう。

しかし何事も過ぎたるはなお及ばざるが如しで、いきすぎた規則は息苦しい相互監視社会を生み出し、世の中から寛容さが失われていきます。また、そうした教育システムの中で育った子たちはそれ以外の在り方を知りませんから、自分自身が大人になると、やはり同じような規則でがんじがらめの組織を作り出してしまいます。

では、規則で縛る以外に、ミスや失敗や事故に対応しうる社会の在り方というのはあり得るのでしょうか? 今日はその辺りを考えてみました。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月25本くらい読めるので1本40円です。

この続きをみるには

この続き:2,579文字
記事を購入する

なぜ日本はこんなにも規則が多い社会なのだろうか?

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
42
Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」など。twitter: https://twitter.com/Matsuhiro
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。