こどもから教えられたこと。

多様性を受け入れるとは、どういうことなのか?

以前、こどもを叱ってばかりいた時期があった。

行動できる人になってほしい。
努力できる人になってほしい。
流されない人になってほしい。
夢を追いかける人になってほしい。

そう願ってのことだったのだけど、うまくいかなかったのよね。

言ってみれば、こどもを説得し、自分の信じる方向に導こうとばかりしていた、ということ。

たぶん、「自分のほうが人生経験が多いのだから正しい」という気持ちが強すぎたんだと思う。

こどもにとったら、そりゃ、息苦しい^^。

だんだん、うまくいかなくなってきて、お互いストレス過多に。

で、わたしのほうが折れて、考え方を変えることにした。

教える、導く、といった意識をやめて、自分の考えを伝えるだけにしよう、と。

後は、相手に委ねる。

そうすると、期待通りにいかなくてもそれほど腹が立たなくなり、叱る機会も減った。

以前のわたしは、多様性を受け入れられていなかったんだな、と思う。

自分の考え方にこどもの考え方を一致させようと、頑張っていた。

まあ、「親がこどもを導き、子はそれに従う」のが当たり前だった時代もある訳で、これも時代の流れなんだろう。

多様性が重視される時代になったから、そんな思考を伸ばすような子育てが必要になった、と。

忍耐、強さ、規律、こういったものが重視された時代とは違うのだから、親の役割もアップデートしていかなければ、と思う。

無垢なこどもを相手にしていると、今まで当たり前だと思っていたことが、本当にそうなのか分からなくなるときがある。

こどもから教えられることは多い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

thanks!
18

オヤノミカタマガジン

過去の経験が通用するか分からない予測不能な社会で、わたしたちはこどもに何を伝えればよいのでしょう。多様性が尊重され、ひとりひとりの価値観が認められる時代です。慣習や主観にとらわれないよう、さまざまな角度からヒントを探ります。さあ、教育のリデザインを始めよう。

コメント1件

結局のところ、絶対的な正解ってないんだろうなー、と思います。世の中の多くの人が「正しい」と言っていることが、なんとなく正解とされてきましたが、それって時代によって変わりますし、多様性という視点にはそぐわないですし。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。