自分の身体を使って何かをすることだけが親切じゃない。

親切ってどういうことが親切だと思いますか?

このセルフモニタリングを通して1日に3つの小さな親切をすることを自分に課していますが、できる日もあればできない日もあって、このムラをなくしていくにはどうしたらいいかずっと考えていたのです。

ようやく、一つの答えにたどり着けました…。

というわけで、note投稿35日目。7月15日(月)のセルフモニタリングと振り返りいってみましょう~!


【やったこと】(101日目)

・簡易ボディスキャン
・客観性トレーニング(家計簿)
・今日の小さな親切3つ
・今日の感謝3つ
・3.3.3入浴法


【今日の感謝3つ】(41日目)

・Nさん、コーヒーありがとうございました
・Tさん、説明ありがとうございました
・急なアクシデントにも関わらず、ありがとうございました

【今日の小さな親切3つ】(41日目)

・思い当たることがない

親切って仏教で言うところの、布施だよね。
無財の七施から考えたら、
毎日できることってないか!?ふと、閃いた。
そしたら思い当たることがないは起きないはず。

無財の七施は何かというと、曹洞宗 圓通閣 澤龍山 少林寺のHPから引用させていただくと、このようなものになる。ちなみに、こちらのお寺から引用させていただいた理由は、うちの実家が長いこと曹洞宗のお寺の世話人をやっていたから、少なからずのご縁を感じたので。

1.眼施(がんせ)    常に温かく優しい眼差しを施すこと
2.和顔施(わがんせ)  いつもニコニコ笑顔で接すること
3.言辞施(ごんじせ)  優しく時には厳しく叱る愛情のこもった言葉
4.身施(しんせ)    自分の身体を使い奉仕すること
5.心施(しんせ)    心配り・気配り、思いやりの心を持ち、相手の立場になってみること
6.床座施(しょうざせ) 座席や場所、地位を譲ること
7.房舎施(ぼうしゃせ) 家や部屋を提供すること

曹洞宗 圓通閣 澤龍山 少林寺のHPより

これでいくと、僕は、身施(しんせ)、自分の身体を使い奉仕することばかりに意識がいってたという印象。こうして無財の七施を見ていると、他にもできる親切ってたくさんありますね。


【客観性トレーニング(家計簿)】(45日目)


支出 : 0円。


【達成率】


41.6%(5/12)


【所感】

親切に対しての理解を深められたのは本当に大きい。何かをできた日もあれば何もできなかったりした日もあって、ムラがあったけれど自分の身体を使って何かをすることだけが親切ではないということが分かって、これから親切の質を高めていけそう。


【課題化と改善策】

今まで漠然と親切なことはできないかと意識して1日を過ごしていたけど、より細分化して無財の七施のうちの何かをできないかと意識することによって、質の高い小さな親切をできるようになると思う。


【明日やること】

・HIIT×2セット
・スクワット50回
・DNB15分
・簡易ボディスキャン
・客観性トレーニング(家計簿)
・今日の小さな親切3つ
・今日の感謝3つ
・瞑想
・階段トレーニング
・note投稿
・Radiotalk配信
・3.3.3入浴法


【今日のまとめ】


というわけで、今回は親切というものに対して理解の深まった1日となりました。これをキッカケに、毎日の小さな親切の質も高めていければよいなと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました。それでは、また^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

まつくん

大好きだった人にフラれたことをキッカケに、新しいことを始めようと日記を書き始め、毎日を書き綴る(記録)する楽しさを覚える。夢や目標よりも「今日を楽しく!今日を極める!」ことをテーマに、目の前の生活全般を扱った、毎日のセルフモニタリングを中心に発信しています。

毎日のセルフモニタリング(2019年)

noteにて毎日公開しているセルフモニタリングのまとめです。皆さんの一日の質を上げるヒントや、毎日の習慣としてこれ取り入れてみようかなというものなどがあればご参考にしてください^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。