PHPerKaigi2019に参加しました。

はじめに

初めまして、MatsuP(@MatsuP8)と申します。
2019/3/29~3/31に開催されたPHPerKaigi2019に土日の2日間参加しましたので、感想をば。

基本的にはカンファレンスの雰囲気についての話になりますので、技術的な情報が欲しいよ~という方はゆうきゃんさん(@ucan_lab)がまとめてくださっているQiita記事をご覧ください。

4コマレポート

PHPerKaigiの雰囲気をお伝えしようと思い、4コマ漫画を描いたんですね。
最初はnrsさん(@nrslin)さんのくだりを描きたかったんで描いたんですが、思わぬほど反応をいただいて調子に乗っていろいろと書きました。
褒められると調子に乗るやつなんですぼくは。すみません。

以下4コマレポモーメントです。

申し訳ないのが、もはや僕の体験したおもしろかったことレポートになっていて、PHPerKaigi自体のアピールになりきれていない事ですね…
いやでも相互コミュニケーションを大事にとするPHPerKaigiだからこそ生まれたエピソードだということはお伝えしたいです。

コミュニケーションをとる最初の一歩のハードルを下げる努力がいろいろな部分にあって、(PHPerチャレンジ、ネックストラップ、Track C、PHPer茶会)僕自身、初めましての方々とたくさんお話しすることができました。

Twitterアイコンの入ったネックストラップのおかげで、
「あっ!Twitterの!」から始まる会話が結構あった印象です。

個人的にはTrack Cでいろんな方とお話しできたのが凄くうれしくて、
設計の話だったり、キャリアの話までできたのがめちゃくちゃ助かりました。

PHPerKaigiはいいぞ!

Extra  "伝えたいこと"

・駆け出しで自分のレベルが分からなくて不安
・何を勉強したらいいか分からない
・職場で一人で悩んでいる
・職場で技術の話があまりできない
・または環境を変えたい

「「「でもカンファレンスとかなんかちょっとハードル高いしなあ…」」」
というような方に、一度はカンファレンス行ってみませんかって話です。

経緯

少し自己紹介をしますと、
僕は一昨年(2017)の12月に未経験からプログラマーになりました。

ぶっちゃけ当時はカンファレンスや技術自体にもほとんど興味がなかったです。仕事がつつがなく終わればいいだろーみたいな。
ただ、漠然と「このままでいいのかな?」って思いはあったんですね。

そんな僕がなんでカンファレンス行ってるの?って話ですが4コマ描いてます。(だいたい4コマ)

実際のところ変わるためのキッカケはたくさんあると思ってて、僕はカンファレンス参加してみたら変わるきっかけになったのでオススメしたいってだけなんです。

勉強会なんかもありますし、(PHP界隈で言うのであればYYPHPさん)SlackやTwitter等のSNSでつながるだけでも大きな刺激になると思います。

他のエンジニアの方々がどんな働き方、生き方をしていて、どんな熱量をもっているのかを直で体験できるのは凄く有意義なことで、刺激的だと思いました。

カンファレンス来てる人とか基本的に熱量ある人だから!

アウトプットしなきゃ…(使命感)

環境かえたいならアウトプットしないとあれですね。あれ。
ぼくって今提出できる技術的なアウトプットがないんですよね。

だから対外的な評価としては
「なんか4コマ描いてる自称PHPer」
になっちゃうんですよね。
これは参った(あまりにも自業自得)

実際転職すっか!ってなった時に具体的なスキルを提示できないともう
”絵についてやたら語るくせに絵を見せられないイラストレーター”
っていうんですかね…やはりヤバイ!
アウトプット大事、みんなアウトプットしよう!

4コマでアウトプットして「武器は4コマです!」って言っても駄目だゾ!

最後に

PHPerKaigi運営、関係各社様方、本当にありがとうございました。
めちゃくちゃ面白くて、思わずiPadもPhpStormも買いました。

人と人との関りってやっぱ重要で、楽しいなあ。
とエモさを強要しながら今回はここで終わらせていただきます。

お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

MatsuP

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。