見出し画像

人手不足というけれど…実は…

若手採用やめませんか?

最近、いろいろな企業の経営者の方とお話をする機会があり、1つ気づいたことがあります。

それはみな揃って、若手採用をしたいんだけど、スキルをとるとターゲットからズレてしまうという珍現象です。

経営者の立場からすると若手を採用して、コストを下げていきたい。自分たちのやり方に染めたいと考えがちですが、それを新卒から30歳までに求めてしまうと、育成に時間がかかるのと、労力や生産性が落ちていくことになります。

また、採用した社員が自力型で自分から動いていくタイプであれば、育てがいもあると思いますが、指示待ち族になってしまった場合には、計画予定より遅くなっていくことは間違いありません。

専門性を持っている人を採用するのであれば、年収も高くなりますが結果は短期間で出ることが当たり前になります。

しかし、専門性が無い、ゼネラリスト等の場合については、年収を抑えられるかも知れませんが、未知数な部分があり、それが大きなジレンマになっていることは間違いありません。

組織ですから、マネージャーより年収が高いといけないとか、年齢が高いと使いづらいとかいろいろなしがらみがあるのはもちろんですが、それを気にしていたら採用はうまくいかないでしょう。

それであれば年齢制限を撤廃して、スキルマッチで求める人材を採用すればいい。

20代は不安先行型、将来も不安が大きくなっている

careercreatorとして、20代からの相談も最近増えているのが特徴である。色々と話しを聞いていくとじつに面白い共通点が見えてくる。
それは今の仕事に対して不安を感じている人が多くいるということも1つ。

電通問題以降になりますが、ワークライフバランスや残業問題というのが気になっているようで、企業側もシビアになっていますが、より社員側がこの問題について気にしているから不思議である。

最近では残業、休日以外にも女性の復職率や福利厚生についての質問が多いのも特徴である。

いろいろな仕事を任されることについては問題がありませんし、スキルアップしていることを実感できれば退職という選択肢はなくなります。

激務になり、帰りが終電は当たり前となると生活にも余裕がなくなっていくから、次第に仕事が楽しいかというとそうではなくなっていくのが特徴である。

それによってメンタルに支障をきたす事になり、その社員の今後について不安が大きくなるというのが問題である。

そうなる前に転職という選択肢を選ぶことになる。

自分はこの会社で学ぶことがなくなったので、他の会社でスキルアップしたいという欲が出てくるのである。

しかしそれは建前の話であり、本音は長時間労働が嫌になったからというケースがほとんどである。

転職をして、残業時間が減り、やりたいことができるということになればどれだけハッピーなんだろうか。

多様化しているからこそ、働き方も柔軟にしていかなければならないし、時短社員を増やすなど社員に合わせた雇用形態を生み出す時期になりかけているのは事実です。

産休、育休から復帰をする社員をマミートラックに追い込んでしまい、彼女らの才能を持ち腐れにするのも問題である。

時短社員は正社員と違い、責任のある仕事を任せることができないという思い込みや先入観がそうさせている。

管理職の登用もされにくいのはそういうところからかもしれない。

隣のチームにお願いをすることができたり、社内で当番制で他のチームを見たりするシステムを作ることができれば問題ないのに、知恵を絞ってやり遂げようとはしていないのが、日本企業のほとんどである。

現実逃避の転職を繰り返す

日本企業の9割以上が、転職回数で足切りをするのが中途採用の基本である。
30歳で3社、35歳で5社以内という定説がいまだに根深く残っている。

スキルがあったとしても、そこでダメなら、徹底してダメなケースになってしまう。

転職回数が多いということはいまだにネガティブな印象を持っている人が多いと言うのは事実である。

そうならないためにも、自分がやりたいことを早めに見つけて、その道を極めることがポイントになる。

また、転職をすることが当たり前という時代になっているからこそ、慎重に選ぶことが必要な時代でもある。

転職回数が多くなることはジョブホッパーになる可能性も高く、年収アップはあまり期待できないというのが現状。

上司と馬が合わない、やりたい仕事ができないという前に、現状をしっかり分析することを忘れずにしてほしい。

最近では企業側もすぐにやめられないように、メンター制度、シスター制度を取り入れている会社も多くなっている。

新入社員には同じチームでメンター、シスターをつけたり、他の部署からメンター、シスターをつけたりしている。

その他には人事が1ヶ月に1回、6ヶ月まで面談を通していろいろな相談にのる会社も増えている。

直属の上司にはいえないことが第三者にはいえたりすることがあり、メリットが多いので、いろいろな企業で取り入れられている。
やめないためにはどうしたらいいのか、本気で知恵を絞る時代です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Permalance@人事設計士

採用立上げ支援、人事制度改革コンサルタント、働き方改革コンサルタント。 経営視点でアウトソース系人事として活躍。米国大学院留学後、人材エージェント・企業内人事として活躍。 ライフワークとして転職相談をおこなっています。

週末雑感

いろいろな相談から気づいたことや考えさせられたことなどをまとめています。 キャリアのこと、組織のこと、チームのことなどいろいろな問題を現場レベルでまとめて、新しい提案や形になればと思い、書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。