matsuzo| 日英ライター✤ 海外移住✤Mental Health

~「寛解」は、元に戻るのではなく、新しい自分の創造~  異文化の波間に漂う日常から得る気づきを発信。日英ライティング、コラム、エッセイ、翻訳(意訳)のお仕事依頼は、Twitter DMより承ります。
固定されたノート

会社より、自分に忠誠を尽くす時代

柳井社長は「優れた人材にはチャンスを与え、それに見合った教育や待遇が必要だ」と説明する。問題を改善し物事を変えていく力や常に新しい事に挑戦する積極性といった資質を重視する。

カナダで働いて20年ほどになる。ここ15年ほどは大学職員をやっていた。

上の記事を読んでまず驚いたのは、柳井社長のこの発言。えっ?日本の企業では、こんな当たり前のことがまだ実施されていないの?能力も違う、資質も違う人間の扱

もっとみる
うむ、そなたに幸あれと祈る😆 … 調子にのってスミマセン💦
56

た〜まや〜〜〜♪
岐阜の友が送ってくれた日本の夏😊 持つべきは、マメに連絡しない私を見捨てず、こんな素晴らしいシーンをわざわざシェアしてくれる心のひろーい友😅
ありがとう!!

https://twitter.com/matsuzo55/status/1163661425857847296?s=09

https://twitter.com/matsuzo55/status/1163661556002852865?s=09

以前WBSで紹介されていた会社。毎日どこに座って仕事をしても自由。その代わり、携帯GPSで居場所が特定できるしくみだという。違和感しかない。

私が社員なら四六時中の監視(の可能性)より定位置を選ぶだろう。

「自由」にみせかけた「不自由」には気をつけたい。茹で🐸にならぬよう。

ありがとうございます。またの♡をお待ち申し上げております!
14