5日目:因子分析(factor analysis)とは?

【記事を初めて読む方へ】
僕のnoteの使い方は、社会学系大学院受験生である自分が今、覚えなければならない、そして理解しなければならない社会学用語をメモり書くことを通して定着させることが目的です。間違っている部分がありましたら、遠慮なくコメントください。また、取り扱った内容に関するディスカッションも大歓迎なので、その場合もコメントいただけたらありがたいです。

今日取り扱うのは「因子分析」です。

■因子とは?

まず最初に、この言葉は「因子」と「分析」に分けて考える必要があります。「分析」のほうは、読んで字のごとく皆さんが頭に思い浮かべた意味なので飛ばします。
「因子」は、実は別の呼び方で「潜在変数(latent variable)」とも言います。意味は、”直接測定することが不可能なので、調査や実験などの際に、実際に測定可能な測定変数から構成される変数”のことです。何が何やらという感じなので、一つずつ見ていきます。

■直接測定することが不可能なもの

”直接測定することが不可能なもの”とは、いったい何でしょうか?これは、学力判定や知能テストを思い浮かべると分かりやすいです。様々な教科の点数を見て、それらに影響を与えている要因を考えるとします。この場合の要因は、能力といってもいいかもしれません。このときの能力とは、「社会が得意な人は記憶力がいい」とか「国語と数学が得意な人は論理的思考力がすぐれている」みたいなもののことです。
しかし、これらの記憶力や論理的思考力はテストの点数を見てもあるのかないのか、点数にどれほど影響しているのかは分かりません。つまり、このときの記憶力や論理的思考力が”直接測定することが不可能なもの”にあたるのです。

そして、このように、表に出てくる結果の要因となるもっと細かい要素(隠れているので簡単には見えない)=因子を調べることで、因子と結果のつながりを分かりやすく可視化したり、表に出てくる結果から分析するのとは異なる方法で分析することを「因子分析」というのです。
首都大学東京の玉野先生の言葉を用いれば、”観察された多様な現実から、より本質的ないくつかの潜在的要因を導き出し、より効率的に全体を説明できる分析法”が「因子分析」です。

この方法は、非常に社会学的で、社会学者が好きなタイプの方法だと僕は思います。ジンメル,G.の際に触れた、内容よりも形式を研究するのが社会学であるという考え方とリンクする部分が多くありますよね。
しかし、だからこそ注意しないといけない部分もあります。実践することによって因子が明らかになる気がするので、なんでもかんでもこの方法を試してみようという人が多くあらわれる方法でもあるのです(苦笑)

■補助的な因子分析

因子分析を行う際に心がけるべきことは、こちらも玉野先生の言葉を用いれば「因子分析によって初めて潜在的要因が発見できたというよりも、誰もが予見できる範囲で、納得できる要因が導き出された場合に、より説得力を持つ方法である」と考えることが重要です。ある意味、確認作業的な意味で因子分析を用いるのが効果的ということですね。
調査によって幸福感や満足感を調べたとしても、”なぜ、この地域は幸福感が高いという結果が出ているのか?””満足感を高める何かがあるのか?”みたいな部分にまで分析を掘り下げなければ、表面的なもので終わってしまいます。もしかしたら、”他の地域と比べると幸福感を既定する要因は軒並み低いのに、みんな幸福感が高いと答えている”かもしれないですし。

とういことで、具体的な分析方法にまで手を伸ばすと収拾がつかなくなるのと長くなってしまうので、今日はここまで。

今日は「因子分析」を取り扱ってきました。実は、僕も今回取り扱うまでは、ほとんどこの言葉の意味を知らなかったので、とても勉強になりました。

それでは、また明日。

■参考文献
・現代社会学辞典
https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E5%A4%A7%E6%BE%A4-%E7%9C%9F%E5%B9%B8/dp/4335551487
・実践社会調査入門
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E4%BB%8A%E3%81%99%E3%81%90%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%B8-SEKAISHISO-SEMINAR-%E7%8E%89%E9%87%8E-%E5%92%8C%E5%BF%97/dp/4790713210



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Masato Ito

社会学用語メモ

社会学系の大学院入試に臨む際に知っておいたほうがいい単語の意味や考え方を、簡単にですが載せています。大学院入試だけでなく、出てくる単語はどれも社会学の基礎的知識なので、社会学を学ぶ学部生にもおススメです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。