歩くこと。

いまあなたには、
広い池が見えている。

まばたきをして目を開ける。
いまあなたには、
沼が見えている。

まばたきをして目を開ける。
いまあなたには、
鬱蒼とした森が見えている。

まばたきをして目を開ける。
いまあなたには、
真っ暗な洞窟が見えている。

目を開ける度に
違った景色が見えていることだろう。

あれが正しいのか、これが正しいのか、それが正しいのか。
悩んでいることだろう。

崖だったら、針だらけだったら、毒蛇だらけだったら、
悩みは尽きない。

でも、あなたのすべきことは、
誇りを持って、
胸を張って、
前をしっかり見据えて、

ただ、一歩ずつ歩いていくこと。

一歩ずつ、一歩ずつ。
確実に。着実に。

ただ、それだけがあなたがすべきこと。
いくら怖くても、横道にそれたくても、
まっすぐ、ただ歩く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この詩を見て、あなたが何かインスピレーションを得ていたらうれしいです。
1

日本中、世界中を旅しながら、書き溜めてきた詩です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。