週刊めいろま Vol.217 データサイエンティストの仕事/案外コミュニケーション能力が重要/英語圏では約半分が博士号所持/米の平均年収は1300万円/上位層の年収は2500万円越え/米では半数が外国産まれ/ニュースクリップ/オススメ本


Vol 217

目次

1. データサイエンティストの報酬
2.ニュースクリップ
3. オススメ本

【連載記事】

出世のバカ格差
cakes.mu/posts/20197

会社名のバカ格差
https://cakes.mu/posts/19648

【新作書籍 2018年1月11日発売】
バカ格差 http://amzn.to/2k7985X
日本人を苦しめる格差の正体。日本と世界を比較しつつ完全解明!タワマン格差、会社格差、教育格差。日本にはびこるバカ格差を断罪!!

【既刊】
「不寛容社会」http://amzn.to/2uHdzeN
日本人は不寛容になったのか?芸能人を叩くのはなぜ?なぜ日本人は批判が大好き?海外には他人叩きはある?現代日本人の怒りの本質を分析

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. データサイエンティストの報酬

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

M様からの質問:

ITに興味がある30代医師です。

おすすめの書籍をいくつか読んでみました。おかげさまでコンピューター業界の全体像がなんとなく見えてきたような気がします。

最初のころ、本屋に行っても背表紙には「SQL」だとか「PHP」とか聞いたことない略語が踊り、中身も解読不能な記号だらけ…

ああコンピューターっては別の世界の話だなぁと途方に暮れてました。

でもこれって医学部2年生ぐらいの頃の感覚と似てるなと。最初は分厚い教科書の山をまえに、「これ全部覚えるのか…」と途方に暮れてましたが、基礎的なとこからコツコツ勉強して一通り理解してきまし た。

いっぽうで専門分野に進んだ今もそれら(解剖とか生理学、微生物等々)の知識を全部使っているかというと、普段使うところ以外はほとんど忘れてますし、必要になればその都度教科書めくるので十分です。

コンピューターもいちどは一通り学ぶ必要はあるけれど、全分野に精通する必要はないだろうなと思ったら、仕事としてできるような気がしてきました。

とはいえ学生の頃の勉強量をふりかえると、今の仕事の片手間にやるのは絶対ムリ。

で、考えた結果、数年間学生に戻ってコンピューターの勉強しようと考えました。
その後は日本の医療業界に不足しているデータサイエンスの専門家を目指します。

データサイエンス を学ぶ進路に関するアドバイスなど是非ご教示いただきたいです。よろしくお願いいたします。

回答:

今回もこの質問への回答です。前回は以下の論点1-8を定義し、その内1-3に関してお答え差し上げましたが、今回は4と5に関してです。

<論点>

   1. データサイエンティストの定義とは?
2. 必要なスキル
3. ビッグデータとデータサイエンスの関係
4. 具体的な仕事
5. 報酬
6. キャリアパス
7. 仕事の将来性
8. スキルをどのように身につけるか?

−−−−−−−

4. 具体的な仕事

データサイエンティストはいったい具体的にどんなことをやっているんでしょうか案外知らない方が多いのではないでしょうか?

前回のメルマガでご紹介したようにデータサイエンティストの仕事というのは一言で言うのであれば「データをビジネスやその他の活動で使えるように分析し表現する」ことです。

そんなデータサイエンティストの仕事の具体的なタスクというのは以下になります。

この続きをみるには

この続き:11,396文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

「週刊めいろま」2018年分まとめです。 記事単品購入だと24000円(500円 X 48) ですがまとめ買いだと60%オフです。ひ...

または、記事単体で購入する

週刊めいろま Vol.217 データサイエンティストの仕事/案外コミュニケーション能力が重要/英語圏では約半分が博士号所持/米の平均年収は1300万円/上位層の年収は2500万円越え/米では半数が外国産まれ/ニュースクリップ/オススメ本

@May_Roma (めいろま)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは取材費や調査費に反映させて頂き、さらなる記事の充実に活用させていただきます!

ありがとうございます (>ω<)
10

週刊めいろま

月4回発行のメルマガのマガジン版です。 概要 ・Q&A ・国際情勢分析 ・マスコミでは報道されないヨーロッパ事情 ・海外の最新IT事情 ・大人の教養講座(お勧めの本、映画等) ・ビジネス英語ブラッシュアップ ・ニュースクリップ ・海外フードのレシピ
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。