「すみません」を「ありがとう」に変えれば、世界はもっとハッピーになるという話。

「ありがとう」と言われるのは、うれしい。
それは多分、全世界、全人類に共通していることだと思います。
私は、人に対してなるべく「ありがとう」を言うように心がけています。
当たり前のことかもしれないけれど、自分が言われてうれしいことだから。
「すみません」ばかり言う人が、時々います。
街を歩いていても、多いなあと。
エレベーターで自分以外の人が出るまで「開」のボタンを押して待ってくれる人に対してや、なにかものを拾ってくれた人に対して、「すみません」もいいけれど、別に謝ってほしかったわけじゃあない。
多分、「すみません」ばかり言う人は、人生をちょっとだけ損していると、私は思うんです。
だって、謝ってばかりじゃ自分も気持ちよくないし、相手も恐縮してしまう。
だから、「すみません」ではなくて「ありがとう」と言うように心がけたら、いいんじゃないかと。
もしも「すみません」がふいにでちゃったら、その後に「ありがとう」と付け加えてみる。
そうしたら、世界がハッピーになるんじゃないかと思うんです。
単純すぎるかもしれないけれど。

そんな話を、とても大好きなお友だちに話したら、
「えっ、私、今日まるまるから一回もありがとうって言われてないけど」
と、言われてしまいました。
そう、そうなのです。
近すぎると、時に感謝の気持ちを忘れがち…。
大切な人にこそ、ちゃんと「ありがとう」って言わないとね、反省します。

これを読んでくれた人へも、ありったけの「ありがとう」を贈ります。

ありがとう!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

まるまる

1日1ミリ、私を伸ばすエッセイ。

1日生きていれば、うれしかったり、悲しかったり、寂しかったり、いろいろなことがあります。 涙がこぼれる時もあるけど、それを自分が成長するためのエッセンスとして吸収すれば、1日1ミリでも成長できるはず。 大したことは書けないけれど、これを書くことで自分自身が少しずつ成長するだ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。