まぶたの向こうに朝の光が広がって このまま目を開ければ また今日が始まってしまうんだなぁ、と。ぼんやりと目を開けた。
「ああ、また今日が始まった。」
時計の針がもっとゆっくり進めばいいのになぁなんてのんきなことを思いながら重い身を起こす。
どこからどこまでが昨日かなんて考えもせずに。
ーーーー秒針は廻る。
ホットポットの蒸気が窓に張り付いて外は寒そうだ。上着を用意する季節を知る。
「そういえば、もうずっと衣替えなんてしてないや。」
捨てられない服も一年中箪笥で眠っている間に忘れていくものなんだな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

mayu.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。