CASTER BIZ recruitingでは、どんな人が働いてるの?

こんにちは。『ぐんぐん採用ができるようになるnote』のフォロワー数をチェックするのが日課の@hatoihatoiです。マガジンのフォロワーが増えると泣いて喜びますので、ぜひフォローお願いします!


さて今日は、常時100社以上の採用を請け負うCASTER BIZ recruitingが、どのような体制でクライアントの採用をぐんぐん進めているかお話したいと思います。

とその前に・・・

ということで、まずは恒例のボス石倉ネタから。最近の社内Slackで入手した情報によると、ボスのかつてのあだ名は"いっしー"。男前な事業推進力とのギャップがあり過ぎると思いませんか? 勇気あるどなたか、ぜひ機会があれば”いっしー"と呼びかけてみてください。


CASTER BIZ recruitingの体制

1. 原稿担当
2. リクルーター
3. アンカー

クライアントの採用を支える体制は、大きく3つに分かれています。

1つ目の原稿担当は、クライアントからのヒアリング内容をもとに、媒体ごとに正確で魅力的な求人を作成します。優良な応募者を集めるため、採用の入り口をつくるプロ集団です。もちろん、原稿は作って終わり、ではありません。採用成功に不可欠となる原稿のブラッシュアップも、原稿担当が引き受けます。具体的な仕事内容は、コチラが参考になるかもしれません。

2つ目のリクルーターは、クライアントごとに異なる採用活動のゴールを理解し、採用に必要な業務の数々を、適切なタイミングでGOします。具体的には、クライアントとキックオフをした後、スカウト業務、KPIに基づくチューニングなどなど…。これらを、いかにスピード感もって進めるかが採用成功のカギとなります。代行の様子は、コチラの記事が参考になるでしょうか。


3つ目のアンカーは、応募者と直接やり取りをして面接日程を調整したり、採用まわりの細かいオペレーションを一手に担います。リクルーターがクライアントに近い位置にいるとすれば、アンカーは応募者に近い位置で採用を前に進めます("採用アシスタント" ではなく、なぜ ”アンカー”と呼ばれているかについてはコチラをご覧ください!)。

もちろん、この3つ以外にもカスタマーサクセス、教育担当、 採用広報ディレクター、ライター、エンジニア…といった多くの役割があるのですが、今回はクライアントワークが特に多い上記3ポジションに絞りたいと思います。

「実際のところ、どんな人が担当になるの?」

これは、弊社によく届く質問です。
CASTER BIZ recruitingのサービス体制は理解できても、実際のところどんな人が担当になるの…?が気になる方も多いということで、どういうバックグラウンドのメンバーが働いているのかも補足します。

(※誤解のないように最初に記しておきますが、弊社では、全員が一定能力以上を持つスタメンのため担当者の指名は承っておりません)

【1.原稿担当部門】

原稿担当部門には、求人広告制作経験者が多く在籍しています。ライティングスキルがあるだけでなく、人材系の法人営業やオフラインでのリクルーターといった経験も備えた人が多いのが特徴で、採用全体を俯瞰しながら、良質な応募者を引き寄せるための求人原稿を組み立てるスキルが光ります。

【2.リクルーター部門】

リクルーターには人事経験者が多いです。エージェント出身者や、人材派遣営業、キャリアアドバイザーといった経験を持つ人もいます。元ERPパッケージの開発者やIR担当者もいますが、全員に共通しているのは、採用の仕事が好きで、常にクライアントの採用成功を考えている熱い気質でしょうか。

【3.アンカー部門】

アンカーには、採用アシスタントをはじめ、秘書や労務の経験者が多くいます。法律事務所出身者も活躍中で、正確性や緻密さ、機転の良さが業務に活かされています。クライアントの顔となって応募者とやり取りをすることにいい意味の緊張感と喜びを見出している人が多いように思います。


まとめ

CASTER BIZ recruitingでは、ここまでお話しした3つの部門で働くメンバーを中心に、社内が一丸となってクライアントの採用を推し進めています

パワーを結集するからこそ、クライアントの採用が決まったときは社内全員で喜ぶのが社内慣習の一つ。

コチラ↓↓↓は、メンバーで採用を喜び合う実際のやり取りです。

******************

クライアントの採用成功を
クライアントと同じ目線で喜ぶ

これが、CASTER BIZ recruiting の姿勢です!
******************

【最後に】

会社に採用専任がいなくて困っている方や、採用担当はいるけれども採用戦略に不安がある方、オペレーションまで手が回らなくてお困りの方がおられましたら、ぜひ私たちに採用をお手伝いさせてください!

▼30分無料のオンライン相談会

それでは今日はこれにて完とさせていただきます。

『ぐんぐん採用ができるようになるnote』のフォロー頂ける方はコチラです♡

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Wheeee! スキ♡
29

MayukoMurata@キャスター

Mayukoのyuは、自由の「由」。束縛されるのが大の苦手で、自由に生きてと両親が願いを込めてつけてくれた名前の通り、法学部なのにアメリカに行ってなぜか中国語やったり、けっこう自由に生きてます。今はフルリモートで採用支援サービス&社内業務改善をしています。

ぐんぐん採用ができるようになるnote

採用手法や働き方の多様化など人事に求められる能力やスキルは高くなっています。取り巻く環境が劇的に変化している採用や人事のしごとについて考えていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。