ばかにつける薬(2016年4月)

 漫画を書いて15年余―。

 まあ何つーの?わたくしぐらいになりますとやっぱり、勤め先なんかもそこらの人とは一味違いますわね。横文字職業っつーか。

 ブラックキギョーっつーの?

 …横文字職業じゃねえよ。

 とまあ、残業代付かず、繁忙期には休日なし&一日の拘束時間18時間超、というバリバリのブラック企業勤めのわたくしですが、会社に対しどんなときに腹が立つかって、そりゃ漫画を書く時間と体力を奪われたときですわいな。やっと仕事を終え、帰宅し机に向かうも眠くってペンが持てない。頭が働かない。仕様がないから床に就く。起きてまた会社へ。

 くそう…!漫画書かせろよ!漫画をよー!…という先月でございました。

 さて。

 それでは、晋遊舎のパソコン誌「iP!」にて連載中「ばかにつける薬」の今月の没ネームを公開します。

 今月は「春からの新生活」をテーマにネタ出し。

 この春からブラック企業に勤め始めました方々に捧げます。なんてね。それではいってみましょう。

 ―1本目。

 わたくし最近、老人の性生活を想像して漫画のネタにするのが続いているのですが、それは老人っていうのが自分にとってまだまだ未知のものだからってのがある。

 かつて若い頃は未知のものだった中年ってものは、もう自分にとって未知のものじゃないから、今はあんまりネタにならないのです。

 ―2本目。

 アパートの隣人の部屋から嬌声が聴こえるという体験を実はしたことがない。ありがちなエピソードを色々なフィクションから追体験して、んで漫画にするって、よくやっちゃうことなんだけど、あんまよくないよね。やっぱ自分の体験をネタにしないと。

 ただ、これを体験するためにアパートの部屋借りるって訳にもいかないしね。

 ―3本目。

 自分の人生は何てつまらないものなのだろう!実はわたくし美人の双子に会ったことがないのです。

 おお神よ!我を美人の双子に会わせたまえ!

 会って何をしたいわけでもありません。ただ色々と想像させてください給え!

 ―4本目。

 ロマノフって犬の名前は「The World of GOLDEN EGGS」に出てくる犬の名前から頂きました。トリゾーです。

 …といったコピー乱発なネタ群を送りました今月でした。ぜーんぶ同じタイトル。こういうのって何てーの?もしや…手抜き?

 採用された「身分相応四畳半一間」は、さてどんな漫画でしょう。発売中の「iP!」5月号でご覧下さいませ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうぞサポート下さいませ! 頂いたサポートはコーヒーになり、カレーになり、わたくしのモチベーションとなり、作品となって還元されます! カムバックサーモン!

「スキ」を押した汝の名は我が村で永遠に語り継がれるであろう…
11

川村マユ見

北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp

ばかにつける薬

晋遊舎のパソコン誌「iP!」で連載していた4コマ「ばかにつける薬」の過去作品を掲載するよ! こちらの4コマ群はのちのちまとめてコミックZINEにする予定です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。