桜の花の咲く頃

桜の花の咲く頃(ばかにつける薬アーカイブ 2006年4月号)

 わたくし2003年から2017年の8月まで、晋遊舎の「iP!」というパソコン誌で毎月一本、4コマを連載させて頂いておりました。その過去作品を、これからnoteでちょいちょいアップしていこうと思います。



 これは2006年4月号に掲載された漫画です。



 フェチ、フェティシズムという言葉はいまや例えば、おっぱいフェチ、なんて使い方で広く一般的に浸透している言葉ですが、本来の言葉の意味でいうと、卒業式に憧れの男子の第2ボタンを貰う、というのはかなりのフェティシズムの顕れなのではないか、と愚考します。心臓に一番近い位置のボタンを貰うだなんて、とっても呪術的ですよね。素敵。




※「ばかにつける薬アーカイブ」は後々、コミックZINEにまとめるつもりです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうぞサポート下さいませ! 頂いたサポートはお酒になり、コーヒーになり、カレーになり、わたくしのモチベーションとなり、作品となって還元されます! カムバックサーモン!

「スキ」を押した汝の名は我が村で永遠に語り継がれるであろう…
28

川村マユ見

北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp

ばかにつける薬

晋遊舎のパソコン誌「iP!」で連載していた4コマ「ばかにつける薬」の過去作品を掲載するよ! こちらの4コマ群はのちのちまとめてコミックZINEにする予定です!

コメント11件

松本くん…なぜおさげをそこに入れたのか。面白かったです!
ソエムさん»
意外とシリアスでドラマチックな人生を歩むかも知れませんよ?
エリートニートさん»
ものの弾み…とでも申しましょうか…
な一に、川村さんの手にかかればどんな人生であってもアホな作品になるのは分かりきってますから
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。