降木 要(らめだす)

小説を書いています。なろう→ https://mypage.syosetu.com/132538/カクヨム→ https://kakuyomu.jp/users/wihadone

生物的に優れた人間に、言葉はあんまりいらないらしい

もうじき終わる大学生活について、授業の思い出を振り返っている。
ふと、教授の雑談にあった話を思い出した。

野生動物の生死を分けるのは、言ってしまえば反射神経である。
敵が視界に入ればすぐ逃げる、親が餌を持ってくれば我先にと大口をあける。そうしなければ待っているのは死だ。反射神経が鈍く、いわば「どんくさい」種や個体は、そうやって次第に淘汰されていく。

それに対して人間はどうなっているか。

いま

もっとみる

小説を「添削」してもらうすすめ

わたしはここでのブログ投稿のほかに、ネット内外で小説を書くことがそこそこある。

このとおり無名のわたしが細々と書いているものなので、公開こそしているものの反応はそう多くない。

ありがたいことに、まあ読んでくれる方も「ゼロ」ではないので、趣味として十分に楽しんではいるが、
ときどきこんな衝動に駆られるという人はわたしの他にもいるのではなかろうか。

この題材やキャラ設定、面白くないはずないんだけ

もっとみる

若宮アンリの話をしよう

若宮アンリという少年をご存知だろうか。

そう、この子である。
ここ数日世間を賑わせているこの世にも美しい少年は、つい先日プリキュアに変身した。

わたしは彼のことが大好きなので、彼の話をしようと思う。

はじめに断っておくが、このnoteは「HUGっと!プリキュア」という作品における舞台装置、および一個の知的生命体(キャラクターのことを、わたしは好んでこう呼ぶ)としての彼がいかに緻密に計画さ

もっとみる

「ドリフェス!」に夢を託してしまったにわかの話

ドリフェスに出会った時、他のどんな感情をもさしおいて、まずわたしは「許せない」と思った。

わたしの話をする前に、「ドリフェス!」の概要を簡単に説明しておく。
キャッチコピーは“二次元+三次元=五次元アイドル応援プロジェクト”。
イラストやアニメに描かれるイケメンキャラクター(二次元)と、彼らを演じる声優陣(三次元)。
この両者の駆け出しアイドル活動の軌跡を、ファンが同時進行で応援する、つまり「

もっとみる

Mr.Children新曲の『himawari』が最高だという話

桜井和寿さんは天才だと思う。

 当たり前にそう思うし、私のほかにも同じ考えの人はごまんといるだろうが、この曲を聴いたときは改めてそう思い知った。

 『himawari』を初めて聴いたのは先月行ったライブで、非公開の新曲として注釈付き指定席に座っていたときのこと。

(恥ずかしながらこの曲が主題歌となっている映画原作の『君の膵臓をたべたい』はまだ読んだことがなく、「膵臓に病気かなにかを持

もっとみる