第13回| 女が男より稼ぐ時代

新しい時代のお金の教科書」が1話無料で読めるマガジン。前回は「社会はタテからヨコへと変化している」という話でした。

今回は、社会構造の変化を見ていきます。編集秘話では、この度重版がかかったこともあり、「本の出版、実際どうだった?」ということについて赤裸々に綴ってみます。(ここだけ有料…!)

----


女が男より稼ぐ時代

 資本主義社会とネットワーク社会についてまとめます。

 ご覧の通り、「タテ」と「ヨコ」では何もかもが違うのです。

「タテ」だった頃は円錐形だったものが、だんだんと円状に変化していきます。そして、ネットワーク社会ではハブ人材(インフルエンサー)が圧倒的な影響力を持つようになるのです。

 今、東京の中心ではお金を稼ぐことに関しては完全に女性のほうが上になっています。男性の稼ぎ方はタテ社会(支配と依存)×ロジックですが、女性はヨコ社会(憧れと共感)×感性です。タテ社会は崩壊しつつあり、ロジックはAIに負ける。したがって男子的能力では稼げない時代になっています。


 ヨコ社会の欲求の変化

 人々の基本的な欲求構造が生存欲求から承認欲求、創造欲求へとシフトすれば、それに応じて当然社会システムも進化します。いまや生存欲求は脳に刷り込まれた習慣であり、本能ではありません。人は本能的に社会的欲求を求めている段階です。それはヨコ社会が主役になるということなのです。

 お金(数字)という言語が有効なのは、衣(医)食住を満たす領域においてです。なぜならそれらは必需品であり、一つ一つの製品・サービスに独自性を求められないからです。しかし、承認欲求の段階では、それを満たすためには、常に文脈(つながり・物語)が求められ、それはお金では買えないのです。

 幸福の本質は「一体性」にあります。周りの人や自分の期待値との一体性です。幸福とは解釈から生まれます。つまり何があるかではなく、自分がどう思うかだということです。

 友達の数で寿命は決まると言われています。

 寿命を決めるのはタバコや酒ではないのです。要するに社会参加した方が健康にいいし、職を持っていたりネットワークを持っていた方が健康にいいよ、ということです。


コミュニティの変遷

 ネットワーク社会内でのコミュニティは今までどのように変容していくのでしょうか。

 図を見てください。

 1990年までの断絶の時代、2000年の遍在・オープンな時代を経て、これからは一人の人間が多層的なコミュニティにそれぞれが所属する時代になります。つまり、コミュニティ・ポートフォリオを持つということが必要になってきます。

 1990年代までは断絶した国家があったのですが、Windows時代の過渡期を経て、2000年以降のGoogleの時代は企業によってあらゆるものがつながっていき、情報も人も偏在していました。その後2010年からは、Facebookがやってきて今度は仲間分けが起こっていき、そこから新しいコミュニティができてきました。

 そして今ではある程度コミュニティ分けが終了していますので、これからはコミュニティを支える仕組みや規範が必要になってきます。つまり今からは、福祉や教育、通貨などインフラの整備の時代に入っていくのです。

 この多層的なコミュニティのある時代で何が必要かというと、業界の中にいることではなく、業界と業界の間にいることで価値がでてきます。

 ビジネス業界とそれ以外の業界の間に価値があるのです。

 例えはベストセラーになった小説『もしドラ』(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海 ダイヤモンド社)も、そうです。ドラッカーとアニメ業界にまたがっています。今後、いろいろな業界の間に立っている、すなわち、インターメディエイトな(業界横断な)人が尊ばれ、価値を生みやすくなります。21世紀の貨幣は、ネットワークと信用の掛け算で決まります。

 ネットワーク社会というのは貨幣の原理が通用しなくなるというのが本質です。「お金」などの今までのメディアでは業界間で文脈が伝わらず、信用の蓄積が困難でした。しかし今後は、時間を共有する方向に流れていくため、グローバルの中にネットワークを作っていくことが重要になります。


〈第三章のまとめ〉

 この章では、お金に大きな影響を与えている四つの大きな変化について見ていきました。国家に関しては、国力の低下によって信用の母体が国家から個人へと変化し、技術に関しては、ブロックチェーンによって個人の取引と信用が記帳されるようになります。そして経済は、人々の欲求が生存欲求から社会的欲求に変化することで財の形態がモノからコトへと変化していくことについて述べました。社会は、タテ社会からヨコ社会へと変化しつつあります。

 必要なのはタテ社会(貨幣・権威)と、ヨコ社会(信用・ネットワーク)を両立させて生きてゆく術を身に付けることです。両者を決して融合して生活してはいけません。例えばタテ社会の大企業相手に契約や報酬を怠ってはならないし、ヨコ社会において安易に信用をお金に換えてはならないということです。二つの世界は別モノとして隔離して適応してゆく術を学びましょう。

 またクラウドファンディングをはじめ、これだけ信用を自由にお金に換えられるマネタイズツールが浸透し、手軽に使えるようになると、お金を貯めるのでなく、社会的信用を貯める方が有効だと誰でもわかります。なぜなら信用のATMからお金を引き出すことはできても、お金で信用を創ることはできないからです。信用→お金は簡単になりますが、逆はありません。

 21世紀、何が面白いかといえば、それは人々が欲しがるものが、モノではなく承認(社会的信用)に移ってしまい、承認はお金で直接は買えないということであり、そしてこの承認は、すぐにお金に換えられるということです。お金でもちろんモノは買えます。しかし賢い人は、このお金をうまくつかってまた新たな信用を創り出すのです。

(本文: 山口揚平「新しい時代のお金の教科書」)

------

<編集後記>

今回のメッセージは「社会はタテからヨコへと変化している」でした。

 今回もここまでお読みいただきありがとうございます!次回は、3/12「お金のなくなる日」についてです。

 編集秘話では「本の出版。実際どうだった?」についてお話しします。出版に関わってみてわかった、①売れる本ができるまで、②出版業界の今後、③そして山口揚平の次回作について書きました…

--<以下有料部分>--

この続きをみるには

この続き:1,451文字

第13回| 女が男より稼ぐ時代

大西 芽衣 | Mei Onishi

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。 「読んだよ」の気持ちで♥を、「役に立ったよ。もっと書いて」の気持ちでサポートをいただけると、すごく励みになります…!

ありがとうございます!(*・・*)
7

[note版]新しい時代のお金の教科書

モノをお金でやり取りする“資本主義”から、 コトを時間でやり取りする“時間主義”、 モノを信用で直接やり取りする“記帳主義”、 最後にコトを信用でやり取りする“信用主義”へ —。 【 今、お金を中心に大きな転換が起こっています。 】 お金の歴史と仕組み、変化、未来まで...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。