秋刀魚天鳳位らの特上卓における成績

0 今回公開するデータ

 今回公開するデータは、

秋刀魚天鳳位らの天鳳秋刀魚・特上卓(東南戦)における諸数値

である。
 特上卓における秋刀魚天鳳位らの数値と私の数値を比較して、

特上卓では「勝ち組の数値」をどの程度と見積もればいいのか
私は何をすべきか

について考えたい。

1 特上卓で1000試合打った

 先日、天鳳秋刀魚・特上卓の東南戦を約1000試合打った。
 初めて秋刀魚の特上卓で打ったのが2014年の1月だから、約6年かかって1000試合打ったことになる。
 思えば、結構長かった・・・。

 この点、「1000試合は短期」という意見もあるが、1000試合というのはそこそこまとまった試合数である。
 そこで、秋刀魚天鳳位たちの成績と私の成績を比較することで、私の今後の方針を検討してみよう。

2 成績比較

 私の成績(9月12日現在)と秋刀魚天鳳位らの成績を比較したところ、次のようになった。
 なお、秋刀魚天鳳位の成績というのは、初代秋刀魚天鳳位から第13代秋刀魚天鳳位まで成績を合算したものであり、第14代、第15代の秋刀魚天鳳位の成績は入っていない(データの範囲は『データで勝つ三人麻雀』と同様)。
 また、今回の牌譜解析結果は私の牌譜解析プログラムによるものであり、天鳳牌譜解析スクリプトの数値は用いない。

(この部分から有償となります)

この続きをみるには

この続き:2,803文字

秋刀魚天鳳位らの特上卓における成績

みっくん

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みっくん

麻雀研究者兼ニート志望家 1979年1月1日生まれ、愛知県出身。東京大学教養学部基礎科学科卒 天鳳の牌譜解析結果から様々なデータ・戦術を導いている 著書として『「統計学」のマージャン戦術』(竹書房、2017)、『データで勝つ3人麻雀』(三才ブックス、2019)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。