久々の一蘭

 こちらは私が親族以外で尊敬する人間の5本指に確実に入ると言われているとつげき東北(以下、「凸」と言う。)。

 凸から学んだこと、凸から得たものは非常に多い。
 麻雀研究なんかその最たる例である。
 私が関与した5冊(通称ホーリー本、『統計で勝つ麻雀』、『統計学のマージャン戦術』、通称2択本、『データで勝つ三人麻雀』)のいずれにも謝辞の対象に凸が入っているが、凸の研究がなくして私の麻雀研究はない。
 もちろん、麻雀研究にはまったことが私を幸せにしたか、それはわからないが(笑)。

 なお、麻雀研究以外にも凸には散々お世話になっている。
 その凸から教わったものに「一蘭」というラーメン屋がある。
 今日、その一蘭のラーメンを食べに行った。
 というわけで、その記録を残しておきたい。


 私が通常存在している場所は豊橋である。
 そのため、今日行った一蘭は豊橋店である。

「車で外出し、かつ、ラーメンが食べたくなった場合」、私はほぼ一蘭に行っている。
 まあ、私には「車で外出する」機会がそもそも少ないので、一蘭に行く機会も少ないのだが。

 というわけで、久々の一蘭である。
 店の到着時間が10時過ぎだったので、店が開いているか心配だったが(それくらいなら開店時間をあらかじめ確認しておけ)、開店時間は10時、その心配は杞憂に終わる。

 一蘭に入店、早速チケットを買う。
 買ったチケットは「ラーメン+替え玉」、「卵」、「チャーシュー」。
 この辺はいつもと同じである。

 そして、ラーメンのパラメータを決める。
 何度か食べ比べた結果、私のパラメータは決まっており、

味 濃いめ
脂 超こってり
ねぎ 両方
にんにく 1片
たれ 2倍
チャーシュー あり
麺 かため

になっている。
 これに追加チャーシュー、替え玉、卵が加わるわけだが。

 パラメータを決定し、注文。
 そして、ラーメンが到着。

画像1

 おいしそうなラーメンである。
 ラーメンを食べるにあたり、周囲のスープを飲み、脂の甘さを味わう。
 そして、中央部分のスープを飲み、秘伝のたれについて味わう。
 その後、麺を食す。

 麺は食べ切ったが、少々物足りないので、予定通り替え玉を頼む。
 そして、替え玉も食べ切り、スープも飲み切る。
 そして、出てくる文字。

画像2

「この一滴が最高の喜びです」
 
まさに、最高の喜び、である。

 というわけで、一蘭に行って幸せな時を過ごしてきた。
 一蘭にはまた行きたいと思う。
 そのためにも車で外出する機会を作らないと。

 つか、他のラーメン店にもいろいろ言ってみようかしら。
 それ自体も面白いかもしれない。

 では、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みっくん

麻雀研究者兼ニート志望家 1979年1月1日生まれ、愛知県出身。東京大学教養学部基礎科学科卒 天鳳の牌譜解析結果から様々なデータ・戦術を導いている 著書として『「統計学」のマージャン戦術』(竹書房、2017)、『データで勝つ3人麻雀』(三才ブックス、2019)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。