「夢」のなかの私1~シンガポールへの道中編~

 意識障害のあの頃と現在は、全然環境が違う。だが、私にとってはあのとき見た「夢」が鮮明にあり、時として寂しくなる。どんな夢を見たか?って。

 ある日、飛行機でシンガポールへ向かっていた。大きな音と熱い環境にいた。しかし、いるはずであるCAの姿も、人の顔もなかった。像としての「人」なら、何人もいた。ここで不思議なのが、離着陸をする光景がないのだ。気が付いていたら、飛んでいた。

 飛行機の中の光景で覚えていることは、それぐらいだ。

 このことから推測をしてみると、
大きな音…MRI検査?
熱い環境…炎症で発熱していた?
人が誰もいない…寂しさの表れ?深層心理?みんなと一緒にいたい(生きていたい)?
→人の顔がない…孤独
=今に時間を進めれば、近くに人がいないということの暗示?
ずっと飛んでいる=幽体離脱状態?=生と死をさまよっている?

これらのことが、今につながっているところは「人が誰もいない」ことである。

(つづく)

この続きは、6/6に公開予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やなぎ/yanagi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。