城水めぐみ

しろみずめぐみ/川柳する人

現代川柳(2019年7月第68号)

【星の抄】
ヒト科ヒト属ワタクシらしい転び方
トロフィーの底でうたた寝する女神
波の音人魚の傷が疼き出す
散って散って散ってようやく花となる

【誌上句会】「抱く」
燃やすなら燃やせ乾いた火種抱く

【誌上互選句会】「ラクダ」
秘め事は瘤に孕んでいる駱駝

【初心者講座】「鈴」
合鍵と鈴を残して消えたネコ

【時実新子生誕90年「現代川柳」第9回川柳大会】
事前投句
「ガラス」
花を飾られ

もっとみる

川柳文学コロキュウム(No.85 2019.7)

川柳文学コロキュウム第一九〇回句会

【席題】

「ペンギン」
ペンギンの顔はグレーで塗っておく
ペンギンを裏返したら春でした
※三句掲載ですが一句取り下げました

【宿題】

「じたばた」
ぜんまいで動く八人目の小びと
トムとジェリー乗せてロケット発射する
羽根がないから人間は騒がしい

「挟む」
少女期を挟んで月は欠けてゆく

「オーラ」
もうひとつ襞の足りない金屏風

「自由吟

もっとみる

季刊現代川柳かもめ舎(2019年第42号)

【桜守】
ひっそりと夜を吸い込む泣きぼくろ
ぬくもりをたしかめながら閉じた箱
消えるまで手を振る虹の最後尾

【誌上句会】「囁く」
潮時を囁いている砂時計

【月例誌上句会2月】「粉」
春ですね別れ話が粉っぽい

【月例誌上句会3月】(3月)
困ったな獣の耳が隠せない

【入門かもめ塾】「咲く」
ほろ苦い部屋サボテンの花が咲く

#川柳 #現代川柳かもめ舎 #掲載句

時実新子生誕90年記念「現代川柳」第9回 川柳大会

2019年6月16日(日)

「ガラス」新井恵子選
花を飾られる未完のペアグラス

「まるい」
「林」
「振る」


「レモン」芳賀博子選
差し色のレモンがくれた自立心

「ずっと」小林康浩選
動かない玩具をずっと抱いている

「答え」岡田篤選
雨音が遮る期待した答え

「蝶」高鶴礼子選
凍て蝶の止まって狂い咲く手紙

「生む」岡田俊介選
雨上がりからりと夏の産ぶ声が

もっとみる

現代川柳(2019年5月第67号)

【星の抄】
斜めから見てもお菓子の家である
月へ行く たぶんあなたじゃないひとと
灰色はもう呼ばれない絵の具箱
生真面目なドミノの列に立たされる

【誌上句会】「泡」
美しい泡になるまで嘘をつく

【誌上互選句会】「翼」
かと言って誰のものでもない翼

【初心者講座】「雷」
懺悔するまで雷を光らせる

#川柳 #現代川柳 #掲載句

第七回卑弥呼の里誌上川柳大会

2019年4月

「自由吟」
傷跡を隠す鱗を光らせて(野沢省悟選)

「何故」
降って来た何故を待たずに閉じた傘(大西泰世選)

「リアル」
騙し絵にされても鼻は曲がってる(樋口由紀子選)

「呼ぶ」
憶測を呼ぶ首筋に蜘蛛の糸(森山文切選)
鳥だった頃の名前で呼んでみる(赤松ますみ選・佳作)

「鮮やか」没

#川柳 #卑弥呼