現代川柳(2019年5月第67号)

【星の抄】
斜めから見てもお菓子の家である
月へ行く たぶんあなたじゃないひとと
灰色はもう呼ばれない絵の具箱
生真面目なドミノの列に立たされる

【誌上句会】「泡」
美しい泡になるまで嘘をつく

【誌上互選句会】「翼」
かと言って誰のものでもない翼

【初心者講座】「雷」
懺悔するまで雷を光らせる

#川柳 #現代川柳 #掲載句

8

城水めぐみ

しろみずめぐみ/川柳する人

コメント2件

月へ行くの句がいいです^ ^
この句にある距離感が尊い。
せばさん
コメントありがとうございます☆
先程Twitterを覗いたらTLに「月を詠みがち」というツイートが流れて来て「う!」ってなりました(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。