0326

2018年3月26日月曜日

はれ

「なんの目的もない時間ができたのはひさしぶりだ」と耕くんは言った。

お昼を食べるcircusというところ、席が空くのを待ちながら通りがかった公園。のんさんは裸足になってすべりだいをすべったりはしごのようなものをよじ登ったりして、「お待たせしました」の電話の後もしばらくみんなを待たせていたときにそう言ってくれた。

晩ごはんは、忘れました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

po watanabe

日記 一〇二号室その5

夜ごはんときもちを記録した日記のつづき(2017年12月25日月曜日〜)。 踊る阿呆に、見る阿呆。 踊ってころんでしょげて蹴っ飛ばしてうたって仰いで。 よきもあしきももらったものを消化して、ここに淡々と暮らしを綴る。 ちょっとお茶でも、そんなふうにやって来てもらえたら。 扉...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。