たぷんたぷんと暗やみがうたう

二〇一八年二月二日金曜日

雪のち雨のち曇り

日記がようやく今に追いつく昨日。
relight projectのwebにactionがどうしてそのかたちになっていったかの過程を綴ろうという提案があったのだけれど、actionにまつわるこれまでのメモやblogの時系列を整理しなくては更新できなくてとまっていた。ここにようやく取り組めそう。

https://itunes.apple.com/jp/episode/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E5%81%A5%E4%BA%8C-%E5%B3%AF%E7%94%B0%E5%92%8C%E4%BC%B8/1336346922

小沢健二さんと峯田和伸さんの対話とある光

なんだか涙が出た。

闇と

それを守るための(それだけではないけれど)物語と。

じぶんのなかに闇があるのに 外がひかりばかりになって 差が生まれるほどストレスがたまってゆくんじゃないか、というおはなし。

闇を、闇を、と
(わたしが)思っていて

木が切られたりするときに ぷるぷるふるえる怒りみたいなのが生まれる理由をわからないと思っていたけれど

こういうことかあ、と。

火をつかえる場所がないこと。

帽さんと話していることに重なることばかり。

うそをつけないひととうそをつかないひと。淡い恋みたいな表情。峯田さんの好きなんですという言葉の渡し方。


晩ごはんは、いつかの麻婆豆腐、とりハムと野菜の炒めもの、ロールキャベツ、ごはん。

今日はもうこれであたまのなかいっぱい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

po watanabe

日記 一〇二号室その5

夜ごはんときもちを記録した日記のつづき(2017年12月25日月曜日〜)。 踊る阿呆に、見る阿呆。 踊ってころんでしょげて蹴っ飛ばしてうたって仰いで。 よきもあしきももらったものを消化して、ここに淡々と暮らしを綴る。 ちょっとお茶でも、そんなふうにやって来てもらえたら。 扉...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。