ぽけっとをたたくと

二〇一八年二月十九日火曜日

はれ

今日も三輪車散歩。えんぴつにいい太さの枝をみつけるとつい持ち帰りたくなってしまってリュックからはみ出るいくつもの枝。コンビニにて、「なにか作られるんですか」「作家さんですか」なんて聞かれてどぎまぎする。枝は持ち帰ったのに、どこかで携帯電話を落とした。

となりの公園でのんさんを撮ろうとして容量がなくていくつかの写真を消したことは覚えていた。眠そうなのんさんにはほんとうに申し訳ないけれど「おうちにいる?いっしょにさがしてくれる?」に「いく」とこたえてくれた彼女を自転車に乗せて、コンビニから遡る。のど飴がまず落ちていた。けれど携帯電話は見つからず、2つの公園にて届けを出して帰宅。さがしていると自転車のうしろでのんさんは「なにしてるの?」

そうすると母からのメッセージ。でんわを拾った方が(お母さん)と登録されている母を履歴からみつけて連絡してくれたそうだったのだ。住所とお名前を聞いてもらい、取りに向かうと道でばったりと会い、無事にでんわを受けとる。ありがとうございました。のんさんにも母にも感謝。

晩ごはんは、カレーうどん、あとのなにかはわすれてしまった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

po watanabe

日記 一〇二号室その5

夜ごはんときもちを記録した日記のつづき(2017年12月25日月曜日〜)。 踊る阿呆に、見る阿呆。 踊ってころんでしょげて蹴っ飛ばしてうたって仰いで。 よきもあしきももらったものを消化して、ここに淡々と暮らしを綴る。 ちょっとお茶でも、そんなふうにやって来てもらえたら。 扉...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。