旅の栞はつくらない

二〇一八年二月九日金曜日

はれ

チャイルドシートを借りに行く。

無事に借りられて レンタルしたところの隣のファミレスの駐車場前でタクシーを待っていた。タクシーの方が見つけられないかな、と歩道に移動。チャイルドシートのうえにのんさんは座る。小柄なおばさまが歩いてきて、のんさんに挨拶をして話しかけてくれた。「あなた、ぜんぶわかっているのね。」

時々、わたしの祖母くらいの歳を重ねた方とこの社会の言語を覚えるかどうかというくらいの歳のこどもにだけ通ずる会話のようなものがあるのに遭遇する。

のんさんはなにも言葉は発していなかったけれど彼女には伝わっていた。目で喋っていたのかな。握手というとのんさんは差し出して、さようならを告げられたら手をふっていた。おおきな道路で車がわんわんはしる。お地蔵様かなにかみたいだったな、のんさん。

晩ごはんは、豆乳スープ、おばあちゃん煮、ごはん。ほかのおかずもあったかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

po watanabe

日記 一〇二号室その5

夜ごはんときもちを記録した日記のつづき(2017年12月25日月曜日〜)。 踊る阿呆に、見る阿呆。 踊ってころんでしょげて蹴っ飛ばしてうたって仰いで。 よきもあしきももらったものを消化して、ここに淡々と暮らしを綴る。 ちょっとお茶でも、そんなふうにやって来てもらえたら。 扉...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。