見出し画像

乗り越えた自慢を聞かせてくれ

「幼いころに“虐待”を受けた子どもは、脳が萎縮する」
「子ども時代に家庭で傷ついた経験が、大人になってからの人格形成に影響する」

それは、分かったからさ。
じゃあ、大人になった私たちは、どう生きればいいんですか?


「事実を伝える」という名目で生まれた、虐待やDVのルポタージュ。

クリックされるために、煽るかのように「鬼畜」「罵る」「悲劇」という衝撃的な言葉ばかり並べられたタイトル。結末はきまって、バッドエンド。

彼らはこの先、どうやって奪われた自分を取り戻すんですか?


虐げられてしまった人たち、サポートが必要にも関わらず、取りこぼされてしまった人たち。そうなると、もう、この世の終わりなんだろうか?

いや、違う。そう信じたい。


エビデンスも、半ば煽ったルポタージュも。それらを見るだけだと、どこか遠い世界で起きた物事を見ている気分になる。

でも、エビデンスが出るということは、ルポタージュにまとめられるということは、どちらもその先に「人」がいるということだ。

誰かの人生が「ひどい話だ」で消費されるコンテンツになる。

そのコンテンツを通じて、そうならないように、「支援をしよう」「予防しよう」という議論になるのはもちろん大切なこと。


でも、わたしは、乗り越えた話が聞きたい。

たとえ自慢でもいいから、「ひどい話だ」と言われる環境にいた人が、それでも生きていく姿が見たい。

それが希望になる。

悲しい過去が、悲しいままで終わる姿を見たって、似た境遇の人の希望にはならない。

乗り越えた自慢を聞かせてくれ。

****************

▼ゆるゆるつぶやきます:TwitterFacebook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「人の回復とは何か」を学ぶために使わせていただきます!

わー!本当にありがとうございます!!
115

菊川 恵(きくかわ めぐみ)

自分の感情をつかまえることが得意です。NPOで働く社会福祉士の卵が、福祉分野での学び、当事者としての学びをつらつらと書いていきます。家族にまつわる福祉や心のことに興味があります。https://twitter.com/megumikikukawa

心の揺らぎを探る

5つ のマガジンに含まれています

コメント3件

心打たれました。自慢まではいかないけれど、「辛かった」とは違う切り口ですこしだけ書いています。そもそもそういうことを誰かに伝えたくてnoteを始めたのでした。過去の自分と向き合うのはエネルギーがいるからしばらく離れていましたが、菊川さんの文を読んで、また書いていきたいと強く思いました。
すごい力がありますね。頑張れ論てなんだか疲れちゃうのです。俺は生き抜いてやったぞ、ほらここにいると言われる方がよほど未来を信じられる。筆力もそうだけど、明るさというか、生きていく意思の強さが、とても素敵な文章だと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。