3歩下がって2歩進む

ゴリ押しなキラキラ人生推し、無闇な日本スゴイ推し、昨今の日本は嘘隠しに必死。物理的人口がみるみる減り、いる人間の半分は高齢者、この先の未来が右肩上がりに発展していくわけはない。栄枯盛衰は物事の理。そして衰退していくことは何も悪いことではない。のに、いつまでも輝かしく右肩上がりにずっと発展していくかのような、それだけが希望であるかのような。

3歩進んで2歩下がると歌われた時代の日本の未来は煌々ときらめいていた。そこから1歩も下がることなく、ひたすら歩み、進み続けてきた日本。

そろそろ2歩下がっていい時期かと。それでようやく進んだ、戦後の1歩。あまりにも時代は、進み過ぎた。

個人的には3歩下がって遠くから状況を見、2歩進んでゆんわりと行きたい。傷だらけの大船からは降りて、新造の手作り小舟でゆらゆら行こうじゃないの。

今の日本は別に悪くない。昔は高い金を出さなければならなかったサービスがほとんど無料で受けられるようになり、お金を使わないで昔より遙かに進んだ生活が出来る。60までシャカリキで荒山に這い上がって積んだ金を降りながら食いつぶせば人生を終えられる時代は終わった。90までゆるく、四季の起伏をゆっくり行く時代。

立春。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

奥本めぐみ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。