この写真 一枚だけど 25年

誕生日が今日1.12という日付なので、いつも誕生日が来たらよーやく新年が明けた感がある。あけおめ。

さて誕生日なので、久々に文章を校正せずに上から書いてみたい。

昨年秋くらいから仕事についてまた考えることが多くなってきた。2009年から今のスタイルでやってきたが未だに"二足のわらじ"とか"兼業"とか"副業"とか言われる違和感。草鞋で例えるとしたら利き足の右に音楽、左に化学という感覚なのだが、まだまだいまいち理解されづらい。平成も終わろうとしているのにいつの昭和だよw

まぁでもやっと昨年くらいから、ダブルワークとかパラレルワークとか言う言葉が出てきたり"副業"可のお達しがお上から出たり、少し動いてきたから、一発だれか決定的なDUAL WORKのカリスマが人気を博したら、一気に定着するんだろうな。

時代の変遷は年々そのサイクルが早くなっている。シンギュラリティ2045年問題も、おそらく2030年くらいには実質もうそこに到達するだろう。今の仕事の半分以上はAIに取って変わられるだろうし、自分はこの健康状態やら遺伝的なものを見るとあと30年くらいは生きてそうな気がするし、年金は家賃にもならんだろうしいよいよ本気でどうやって最後まで己で稼いで生き抜くのかを腰を据えて考えねばならない。

雇われ会社員、完全自営、DUAL WORKとやってきて、仕事はDUALで雇われと自営半々がちょうど良い、ってのが今のところの結論。会社員も完全自営も、結局は仕事をもらうことで成り立ち、全収入を人に握られていると言う意味では同義。そんな恐ろしいことできるかこの不安定時代に!w 一輪車より二輪車、二輪より三輪が安定。簡単なことだ。

ほかに仕事もしてるんだから兼業なんですねとかプロじゃないのねって浅いこと言われるのにムカついてた時期もあったけど所詮は個々の価値観の問題で、そんなのにムカつくってことは評価基準をそいつに明け渡してることでもあると気付いてからは何とも思わなくなった。

自分が一番やりたくなかったり、いやだなぁと思うのは、他人が勝手に入ってきて評価基準を奪おうとすること、なんだなというのも、最近気づいたこと。

これからの時代の生き抜き方、みたいな重い話をするのも好きじゃなく、ただ自分は自分のやりたい生き方でさらっと生きたいだけなのだ。

何が最優先なのかは年々月々日々変わり、それが仕事なのか、金なのか、時間なのか、人なのか、趣味なのか、今何が自分に優先なのか自分でちゃんとアップデートしてやらなくてはならない。もう自分はとっくにバージョン11.8とかで動いてるのにあたまん中がまだ数年前のバージョン5.2のままだったり、意外とするものなんよね。

DUAL WORKやり始める少し前までは、仕事が最優先だった。どうやったら上手くなるのか、どうやったらあいつらに追いついて業界の第一線でやれて稼げるようになるのか。朝も昼も夜もなく働いたしレッスンしたし譜面書いたし勉強したし練習もした。

最近感じる違和感は、なんとなくその時の感覚がまだ旧バージョンで脳内に残ってしまっていて、旧バージョンをちゃんと全削除しとかないとその情報と微妙に競合して今のバージョンの動作に不具合が起こるような感じ。自分の中の"今"の優先度を、ちゃんとアプデしてやらねばならない。

ちょうど誕生日の頃にこちらにきたので、横浜暮らしも丸3年が経過。こちらに来て、思考はとても変わった…あ、いや、変わってないな。横浜移住を考え出した少し前くらいから変わっていて、変化を行動に移したってとこか。

自分にとって、これほど、"日々の暮らし"が大切だったとは、10年前は少なくとも、わかってはなかった。DUAL WORK歴10年。そろそろこのことについても、語り始めてもええかなと思っている。軽ーくさらっとね。

今日誕生日が来て、自分が大学を卒業した時の母の年齢になった。その頃研究してたフラーレンがその辺の化粧品に入る時代になるとは想像も出来なかったよね。。

この写真
一枚だけど
25年。

あら。ゴロがいいわね。

#日記 #誕生日 #エッセイ #DUALWORK

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

奥本めぐみ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。