見出し画像

部室の、なんということはない時間とか。

僕は障害福祉の現場で働いていて、かつ福祉事業のコンサル的立場にもあるけれど福祉の資格は何もない。

しかし「いきづらさ」についてはよくわかる。なぜわかるのか、は、単に自分が同じことを疑問に日々生きているからだと思う。

そして、支援の現場でさえ、いきづらさは、あまり理解されないことがあることもわかっている。「理解されないことが多い」と言ってしまってもいいかもしれない。

何かを責めたり非難するわけではなくて、それくらいに普通では理解が難しい事柄なのだと思う。

専門知識とは、資格とはいったいなんなのか、と思うこともある。

僕なりに、いきづらさを緩和するものがあるとしたら、それは支援でもなく寄り添いとも少し違う。

僕はこう考えてる。
「同じ部室のなかで、お互いに別々のことやっていて、相手のことは気になるけれど、気にはしない距離感」でたくさんの時間を過ごすこと。

僕は「お互いを認める」とはこういう空間、時間で育まれることなのだろうと思う。

写真はヤマモモ。
団地に実ってるのが毎日どっさり。
事業所のみんなでとりにいけたらもっと楽しいだろうな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 この記事がなにかお役にたてたときは、サポートしていただけるととても励みになります。 いただいたサポートを使って社会貢献的な講師活動をさせていただきます。

16

畠 健太郎

アイデア術、自分探し、人生哲学、いきづらさ等とデザインとの関係について書いています。デザイン論とコンセプトワークが専門のフリーの先生。福祉やNPOの支援、大学高校では企画デザインや社会起業を教えてます。 記事をまとめてデザインしたものを有料にしています。

いきづらさの紐とき

「いきづらさ」についての考察と観察。自分の実践するこころを落ち着ける考え方、在り方。誰かの参考になればと思うのでシェアをしてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。