見出し画像

ほんとうにムダにしていること

あれはムダ、これは意味がないとムキになって、少しでも便利なものを選び、効率のよいものを選び、では、そうやって得たはずの時間は、いったいどこにあるんだろうか。

今ほど便利じゃなかった時代の方が、焦らずに過ごし、1つ1つを経験として蓄えられていたんだ。

こんなに何でもすぐ手に入り、すぐに調べられる世の中なら、たくさんの時間が余っていていいはずなのに、ほんの5分や10分を待たない世の中になった。

そうやって稼いだ時間がどこにいったかもわからないし、何に費やしたかもわからない。

なぜか、便利なのに残るものがない。

僕たちは、穏やかな暮らしを追い求めながら、焦燥感を増やし続けている。

急いでいると苛々として、落ち着けず、急がない人が悪く見えて、やつあたりをする。
周りにまで迷惑をかけてしまうことがある。

でも、そうまでして得たはずの「時間の余裕」はどこにも見当たらず、苛々だけが残っていく。

それこそが、
なんてムダなことだろうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 この記事がなにかお役にたてたときは、サポートしていただけるととても励みになります。 いただいたサポートを使って社会貢献的な講師活動をさせていただきます。

28

畠 健太郎

「自分探し」や「生きづらさ」のことを、ちょっと考えすぎながら書いています。福祉やNPOの支援をするデザイナーだったり、大学や高校でデザイン論とか社会起業を教える講師だったりしてます。肩にいるのはスタンド「unbelievable truth」で、出してると首元が蒸れるんです。

星の学校のおはなし

僕たちの住むこの星はきっと学校で、いろんなことを教えてくれる。めぐり逢い、学び、発見、表現すること、ひとりひとりの日常が、この世界をつくっている。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。