見出し画像

いきづらさを考えるときに起こっている、非常に大きな矛盾。

いきづらさ。
「いきづらさ」は繊細な問題だと思う。いろんな工夫によって解消したり、今より楽にできたり、寄り添うことはできるのだけれど、ぼくは「いきづらさ」に対する社会の捉え方に違和感を感じている。

それは、問題を解決すればいいという視点で、対処方法を突き詰めても、結局は「一般的な社会が正しく」て、それにあてはまらない者を支援している、ということを暗に言っているように思うから。

そもそも、僕たちは「いきづらさ」のことを本当によく考えているんだろうか。

例えば、こんな状況をイメージしてほしい。

A:歩くのがゆっくりな人に言う「どうして早く歩けないのか」

B:足を縛られている人に言う「どうして早く歩けないのか」

Aの催促は、人それぞれのペースがあることに対して、歩く速さの認識違いの問題だ。
一方、Bの催促は、そもそも歩くことができない人に要求することじゃない、理不尽だ。

僕は「いきづらさ」の本質的な部分は、後者Bの意味だと思う。

しかも、当人は縛られたまま、いったいどうやって歩けばいいのだ?思っていても、縛られている紐は誰にも見えないように思う。

そして、問われる。
なぜできないのか?
なぜできない理由を言わないのか?
なぜ自分のことなのに説明できないのか?

この状況で、こういった質問は「責め」になり得る。当事者は、この理不尽な責めに対して、憤りや哀しさ、悔しさが、入り混じった感情をもつように思う。
それが「いきづらさ」じゃないだろうか。

「いきづらさ」というのは、「いきにくい」のとはちがう。「つらい」のだ。不便で困るのではなく、哀しくつらいおもいをしているのだ。

どういったことが、最も哀しくつらいかって、「その哀しみや辛さをわかってもらえないこと」が何よりもつらいだろう。

結局この社会の基準は「社会になじめる人」の平均値なんだ。
その平均値をもとに、いきづらさを考えても、当人のつらさ哀しさをわかってあげることはできないだろう。

いきづらさは、まず社会になじめないことが前提なのだから、この社会のしくみや基準には当てはまらないのだ。対処的な方法も意味はあるけれど、それでいきづらさの本質に共感できるとは思えない。

この非常におおきな矛盾に気がついてほしいと思う。気がつく、ということが、大きな一歩なのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 この記事がなにかお役にたてたときは、サポートしていただけるととても励みになります。 いただいたサポートを使って社会貢献的な講師活動をさせていただきます。

42

畠 健太郎

「自分探し」や「生きづらさ」のことを、ちょっと考えすぎながら書いています。福祉やNPOの支援をするデザイナーだったり、大学や高校でデザイン論とか社会起業を教える講師だったりしてます。肩にいるのはスタンド「unbelievable truth」で、出してると首元が蒸れるんです。

星の学校のおはなし

僕たちの住むこの星はきっと学校で、いろんなことを教えてくれる。めぐり逢い、学び、発見、表現すること、ひとりひとりの日常が、この世界をつくっている。
2つ のマガジンに含まれています

コメント5件

コメントありがとうございます。世の中は個性を尊重と言いながら、平均を正しさとして振りかざす人が増えているような気がします。「生の個」はいいことばですね^_^
はじめまして。記事を読んでいて、思わず涙が出ました。私はまさに「なぜできないのか?」「なぜ自分のことなのに説明できないのか?」という問いに追い詰められました。
何と言えばいいかわからず大変心苦しいのですが、記事にしてくださって、ありがとうございます。わかってくれるひとがいることが(少なくても私にとっては)救いになりました。
hikariwatashiさん、コメントありがとうございます。ともすれば、自分が責める側にならないかと自戒しながらの文章ですけれど、お役に立てようで嬉しいです。おそらくですが、なぜ?という責めの問いに答えたとしても、今度はその答えを責められるのでは、と感じています。そんな矛盾をすこしでも理解してくれる方が増えてほしいなと思います^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。