あなたにとっていちばんの味方は、あなた。

自分を疑うことによって生じる悩み事、自己否定というやつ。
自分のやっていることに意味があるのだろうか?自分は何もできていないじゃないか。自分に魅力なんてどこにあるのだろうか?など。

自己否定によって悩み事を生み出してしまうのは、人の性分なのかもしれない。
この悩みのやっかいなところは「自己否定することで生まれる」のだから、そもそも、発端を自分でつくりだしておいて悩む、という無限回廊の中にあることなんだ。

つまり、解決しないんだ。
いったん解決したように見えても、自分で自己否定をし始める限り、また悩むことになる。
自己否定を止める、ということでしか本当の解決ができない。

しかし止められないものだから、ややこしい。しょうがない。だから性分なのだ。

では、人は自己否定を、いったいなんのために行うのだろう。

僕は
「自分で自分を試している」
のだと考えている。

自己否定は、自分で答えがわかっていながら、うだうだと悩み続けることが多い。

本を読んでも答えがある。ネットで調べても答えがある。友達に相談しても、だいたいもっともな答えが返ってくるだろう。

そのくせ、それを指摘してくる人には「あなたに何がわかるんだ?ほっといてくれ」という態度になることがあるだろう。

「悩みたい」わけだ。

解決してしまったらもう悩めない。
悩むこと自体が目的なのだから、解決したくないんだ。

「自分はどうすればいいんだ?」という助けを、本当は誰にも求めていない。ずっと自分に問いかけているんだ。
そして、自分で答えようとしてないんだと思う。

自己否定は「自分にとっていちばんの味方である自分」をためしているんじゃないだろうか。

だから、自己否定は、いくら周りから肯定されても変わらない。

自分が自分に、だいじょうぶ。と
言わない限りずっと続く。。

世間では「成功体験の積み重ねが大切だ」と言われるが、僕は、それは前提が不十分だと思う。

「成功体験」というのは「体験したことを成功と感じられる自分」がいてこそ成功体験になるのだから、どれだけなにを積み重ねても、自分から崩していくうちは、なんの効果もない。

同じように、いくら褒められても、素直に受け取らないうちは効果はない。

自分が「これでいいじゃないか」、とおもえるまで、ずっと否定を繰り返すだけだろう。

でも、自分の味方は自分だ。

自分だけだ、とまでは言わないが、
最後まで自分を裏切らないのは
自分なのだから。

信じる、というよりも
ただ、
ああ、これでいいな。
いまのままでいいな。
と、思うだけ。

否定も肯定もする必要なんかないんだ。あなたは、元からあなた。

あなたでしかないし。
あなたであることが
とてもすばらしいことだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 この記事がなにかお役にたてたときは、サポートしていただけるととても励みになります。 いただいたサポートを使って社会貢献的な講師活動をさせていただきます。

46

畠 健太郎

アイデア術、自分探し、人生哲学、いきづらさ等とデザインとの関係について書いています。デザイン論とコンセプトワークが専門のフリーの先生。福祉やNPOの支援、大学高校では企画デザインや社会起業を教えてます。 記事をまとめてデザインしたものを有料にしています。

星の学校|人生のデザイン

僕たちの住んでいるこの星はきっと学校なのでしょう。物事のめぐり逢いを感じながら、学び、発見し、表現することが、生きるということ。ひとりひとりの日常が、この世界をつくっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。