てつがくさんぽ 第18步「あじみ」

家族でよく行くカフェでレモネードを飲んでみたいというぽんちゃん。「すっぱいよ?」と言ったけどゴクゴク飲んで、「あの人(店長)ちゃんと味見したのかなあ」と漏らしたのを聞いて、思わず吹いてしまったのでした。◆アラウンド3歳の息子との哲学的でユルいできごと◆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 この記事がなにかお役にたてたときは、サポートしていただけるととても励みになります。 いただいたサポートを使って社会貢献的な講師活動をさせていただきます。

20

畠 健太郎

てつがくさんぽ

アラウンド3歳の息子、ぽんちゃんと毎日のおさんぽのなかで起きる、哲学的でユルい発見をマンガにしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。