「個人の時代」の熱的死と、マイクロコミュニティ

これはまだまだ論理的に完全な、筋道のたった話にはなっていないのですが、最近ここ10年ほどあったウェブが個人をエンパワーメントするという前提がその自重によって押しつぶされそうになっているのを意識しています。

「個人の時代」の熱的死、などというと熱力学的エントロピーをご存知の人には通じるかもしれません。受け止められる量を超える「個人」が発信されることで、結果的にとなりの個人との差がわからなくなるところまでウェブが飽和するというイメージです。

この続きをみるには

この続き:1,909文字
記事を購入する

「個人の時代」の熱的死と、マイクロコミュニティ

ほりまさたけ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。