見出し画像

フェイクニュースと「私を信じて」の危険

フェイクニュースの問題は、情報が偽だという点だけではないというのは、2016年の大統領選挙の際に繰り返し書きました。

「情報が偽である」「情報が事実と異なる」のは、事実に基づいて議論や判断を行いたい人にとっては邪魔ですし、事実かどうかをチェックするコストがかかるのはなるほど問題です。

しかしそれよりもはるかにシニカルなのは、フェイクニュースが蔓延し、事実を確認するためのコストが一般の人の余裕を上回ることによって、もはや事実なるものの合意ができない状況が生まれることです。

そこにやってくるのは「私を信じなさい」という甘言で耳を傾ける人を思うように操る国や人々です。フェイクニュースの恐ろしさは、実はここにあります。

いまはそうした状況を国が積極的に生み出し、SNSを利用して拡散する時代になってきています。

この続きをみるには

この続き:2,222文字
記事を購入する

フェイクニュースと「私を信じて」の危険

ほりまさたけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

ほりまさたけ

堀 正岳(ほりまさたけ)。Blogger / Writer / Scientist。ブログLifehacking.jp、mehori.com管理人。「ライフハック大全」「知的生活の設計」など20冊の著書をもつ作家、そして北極の気候学研究者としても活躍中

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。