見出し画像

よろこばしい再読の夏

この夏は、新しい本を読むだけではなく古い本の再読もいくつかしていました。

読書というと、いつも新しい本を、決して振り返ることなくするタイプの人もいるかと思いますし、ジャンルによってはそれでもよいのですが、私の場合は物覚えの悪さもあるのか、再読がけっこうな割合を占めています。

毎年読む本もありますし、10年から20年ほどまえに読んだ本をもう一度とりあげて、時間の流れとともに自分の受け取り方がどのように変化したのかを見つめ直す読書もたびたびおこないます。

それは二度目、三度目の読書によって、より深く作品の中に入り、より深く自分自身を知る過程でもあるのです。注意深く本を選ぶ限りにおいては、再読こそが真の読書であるといってもいいのです。

この続きをみるには

この続き:1,929文字
記事を購入する

よろこばしい再読の夏

ほりまさたけ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

ほりまさたけ

堀 正岳(ほりまさたけ)。Blogger / Writer / Scientist。ブログLifehacking.jp、mehori.com管理人。「ライフハック大全」「知的生活の設計」など20冊の著書をもつ作家、そして北極の気候学研究者としても活躍中

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。