日常の大きめの目標を小さな目標に分割する (2)

チャールズ・デュヒッグ氏の「習慣の力」"The Power of Habit" で、習慣にはとてもわかりやすいメカニズムが存在することが解説されています。

行動のきっかけとなるトリガーが存在し、それに対する応答として行動が発生して、それに対する報酬が存在する。そして報酬があるからこそ、もう一度同じトリガーがやってくると、同じ行動を繰り返してしまうというパターンです。

これは習慣自体が意識的なものであれ、無意識なものであれ、よい習慣であれ、悪い習慣であれ同じです。

私たちはどうしても習慣の「行動」の部分に注目をおいてしまうあまりに、トリガーと報酬の部分を意識しないことがありますが、このフィードバックのループを知っていることは、新しい習慣を身につける鍵となっているのです。

今回は、前回に引き続いて小さな習慣の実装方法について見ていきたいと思います。

この続きをみるには

この続き:1,398文字/画像1枚
記事を購入する

日常の大きめの目標を小さな目標に分割する (2)

ほりまさたけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

ほりまさたけ

堀 正岳(ほりまさたけ)。Blogger / Writer / Scientist。ブログLifehacking.jp、mehori.com管理人。「ライフハック大全」「知的生活の設計」など20冊の著書をもつ作家、そして北極の気候学研究者としても活躍中

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。