知的な良心をまもることについて

「知的生活の設計」のなかで、間接的に、あるいは微妙にしか語ることができなかった、しかしとても大きなテーマとして良心の話があります。

良心というと、なにか悪事をおこなうかおこなさないかという判断の基準のように感じると思いますが、もっとかすかな、長い目でみて心が生きるか死ぬかの境界線にこの良心の灯火が小さく光っていて、日々の小さな判断によってその勢いは弱くもなり、また盛り返すようでもあります。

この続きをみるには

この続き:1,087文字
記事を購入する

知的な良心をまもることについて

ほりまさたけ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。