見出し画像

創作》ジンシンジコ

「ジンシンジコの影響で、ノボリ電車は運転を見合わせております」

降り立った駅で、そんなアナウンスが流れていた。
電光掲示板には、運転の再開は未定とある。

「ジンシンジコか。どのくらい見合わせるのかね」
「さぁ?せいぜい2、3日てところじゃないかしら」

周囲の会話に、どうしたものかと考える。
クダリ電車に乗っていれば、多少遠回りでも目的地に着くには着く。
するとそこへ、クダリ電車が滑り込んできた。

「クダリ電車、急行ですー。お急ぎの方はコチラ」

私は車掌さんに声をかける。

「転生駅まで行きたいのだけど、どちらが早いかしら?」

「そりゃーこのまま待っている方がいいですよ。
クダリに乗ったら、目的地まで何千年とかかりますし、せっかくノボリ電車に乗れるのですから」

頭から制帽を突き破るような立派な角を生やした赤い顔の車掌は、かかか、と明朗に笑った。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めぇ〜〜♡
4
創造と想像をくりかえす、黒いヒツジ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。